採用担当の教科書

【新卒採用の準備】8月1日から 10月1日の内定式までにやるべき3つの準備

0801

いよいよ選考解禁の8月1日が近付いてきました。
早いもので内定式までもあと2ヶ月ということになり、内定者もはっきりと出揃うことになりますね。
この2ヶ月の間にすべきことについて整理してみましょう。

内定辞退に備える

こればかりは蓋をあけて見なければわかりませんが、倫理憲章通りに8月1日以降に選考を開始する企業が一気に出てくるとその影響で内定辞退が出る可能性が大いにあります。
ある程度は予想しているでしょうが、大量に出た場合にはどんな施策を取るのか、上役へはなんと説明をするのか、どのような理由で何の資料を用いるのかなどを考えておきましょう。

この辺りを明確にしておくと今年度の反省点や来年度の改善点も見えてきますので今の間にまとめておいても無駄になることはありません。
また内定辞退について再検討してもらうための言葉も考えておきましょう。

たとえ電話であってもその学生が自社について未練に思っている部分があれば考え直してくれるかもしれません。
今から追加募集をしても同程度の人材を採れる保証はありません。
できるだけ内定辞退を防げるように努力をしてみましょう。

内定式の準備をする

直前の内定辞退の対応により突発事項が発生するかもしれません。
内定式の準備を進めておきましょう。
今年度内定式まで残ってくれた学生は本当に自社への入社意思を強く持って残ってくれた学生たちです。
その思いに応えるだけの内定式を準備してあげましょう。

入社後のモチベーションの向上にも繋がりますし、内定式後の内定辞退を防ぐことにも繋がります。
嘘か本当かは分かりませんが、「卒業に必要な単位が取れなかった」という理由で内定式後に入社を辞退してくる学生も世の中にはいます。
そのような事態はできるだけ避けたいものですね。

10月1日以降のスケジュールを計画する

新卒採用に関して10月1日以降は特に予定はないところも多いでしょう。
それでも内定式の際に全く案内できる内容がないと内定者も不安になってしまいます。
10月1日以降について内定者に直接関係はなくとも社内での大まかなスケジュールを伝えても良いでしょう。

また、内定者は内定式後の半年間は入社に向けて非常に不安な時期を過ごします。
この時期にこんな案内を送る、この時期にこの手続きの書類を送るなどの大体のスケジュールを伝えておくと学生も安心するでしょう。

入社前後の研修や配属時期についても学生は気になるところではないでしょうか。
このような内定式に案内できる事項をまとめておきましょう。

最後まで手を抜かずに

3月1日の採用情報公開から一気に忙しい時期が続き、この時期に入って内定者が見えてくると一気に失速したくなりますが、最後の詰めが大切です。
この時期は内定者が最終的に固まってくる時期でもあり、内定式の準備も始まり忙しくなりますが最後のひと踏ん張りを頑張っていきましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top