採用担当の教科書

大手企業に負けない。自社にしかない魅力を伝える「オンリーワン戦略」

appeal-how

今年度より就職活動の後ろ倒しが日本経団連より発表され、内定を出す時期に各社ばらつきが出ることが予想されます。
中でも人気のある大手企業に後から内定を出されると辞退者が多く出てしまいそうですね。

自社が中小企業である場合には非常に頭を悩ませるところであります。
後から大手企業に内定者を持って行かれないように、中小企業の魅力を伝える方法について紹介していきましょう。

自社だからこそのオンリーワンをアピールする

最終的に自社に来てもらうためにはどんなことが必要でしょうか。
大手企業の安定感や高待遇を超えるこの会社だからこそできる「オンリーワン」の魅力ではないでしょうか。

アピール内容を考える際には他の企業にはない自社だけの魅力を考えてみましょう。
社名は有名ではないがこの分野では国内トップクラスのシェアを誇る、世界最先端の技術に取り組んでいる、などは学生にもわかりやすい魅力の一つですね。

そのような数値的な魅力ではなくとも自社ならではの就業環境の特徴などでもよいです。
また、残業が少ない、給与に業績が直接反映される、食堂を格安で利用できる、などその会社ならではのメリットは探せば必ずあるはずです。

仕事内容のことだけではなく、あらゆる視点から自社だけのオンリーワンの魅力を探し伝えること。
それが採用における「オンリーワン戦略」です。

探せばたくさんある!大手企業にはないメリット

大手企業に流れる学生は中小企業のことをよく知らずに、ネームバリューや待遇が良さそうだというイメージだけで大手企業を希望していることも多いです。
中小企業の魅力というのは伝えなければ実際には学生に伝わりません。

大手企業にはない中小企業だけの魅力をまずはリストアップしてみましょう。
例えば、以下のようなものが考えられるのではないでしょうか。

  • 年功序列的な出世ではなく、能力があれば若手でも出世できる
  • 早い段階で若手でもやりがいのある仕事を任される
  • 上司や社長との距離が近く、気軽に相談ができる
  • フレキシブルに職場環境を変えることができる

自社ならではの大手企業にはない中小企業のメリットをぜひ考えてみて下さい。
探してみるとたくさんあるのではないでしょうか。

多くの社員と触れ合う機会で学生の心をつかむ!

その会社の良さを伝えるためには文字や画像だけでは限界もありますし、他社との差別化がつけにくくもあります。
しかし、実際の社員とのふれあいは自社のオリジナリティを伝えるのに最適な方法であり、他社に差をつけるのに最適な方法です。

内定を出す前でも社員との交流会や質問会のような場を設けて、自社で実際働いたらどんな人と働くのかを体験させてみましょう。
実際の職場環境についての情報がより多く伝わると学生は安心するはずです。
他部署の社員の採用活動への動員は手間がかかりますが、やるだけの価値はあります。

自社そのものの魅力を伝える

大手企業に勝つためには、うわべだけの都合の良い話だけでは学生の心をひきつけることは難しいです。
何ら隠し立てのない生の情報をぜひ伝えてみて下さい。

まずは、自社にしかない魅力はなにか、オンリーワンの魅力をしっかりと見つけましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top