採用担当の教科書

秋以降が中途採用に最適時期って本当?中途採用をする上で最適なタイミングとは?

autumn

新卒採用は大学4年生の夏あたりに内定を出し、10月1日に内定式ということで大まかな流れは決まっていますが、中途採用に適した時期は秋以降と言われています。
中途採用が秋以降がいい理由を把握していますか?

今回は中途採用が秋以降が適している理由について説明します。

応募者の退職時期から考える

転職活動をしている人たちは前の会社を辞めていることも多いのですが、4月に入社をして2,3か月で辞めたとして、夏休みの時期は活動も滞り、9月頃には転職活動をしている人が多くなります。
また、9月末で辞めて秋から転職活動を始める人も多いです。

どういうわけか3月の年度末で辞めて4月から転職活動を始める人とはそんなにいないものです。
年度末に辞める人は確かにいますが、忙しい時期であることもあり、最も切りのいい時期であるにも関わらず転職活動をしている人は年度の後半ほどはいません。

転職を希望している人も4月は新入社員が入るので欠員補充のための応募は少ないというイメージを持っているために転職活動を控える場合も多いです。
また、在職している会社にも希望に満ち溢れた新入社員が入って来るので転職すべきかどうかを躊躇したり、教育係などになりなかなか転職活動を積極的に進められない事情が出てくる人も多くいます。

内定者が入社しやすい時期とは

内定者が入社しやすい時期を考えてみましょう。
辞めやすい時期はボーナス時期、9月末でしょうか?

転職活動をする時期を考えるとやはり夏の終わりくらいから年度の後半にかけて転職活動をし、10月1日スタート、4月1日スタートを目指したいところではないでしょうか。
中途の場合は内定が決まっても現職をすぐに辞めるわけにはいかないので引継ぎ期間もかけて1~2か月後に退職をし、切りのいい時期に入社タイミングを合わせる人が多いです。

そのように考えると年度の後半に求人募集をした方がより多くの応募者を募ることができるのではないでしょうか。
これからの季節が中途採用の勝負どころということですね。

採用担当者も手を掛けやすい時期である

採用担当者にとっても年度の前半は新卒採用のセミナーや選考、内定者フォローなどがあり、とても中途採用に割ける時間はないでしょう。
内定者がある程度固まってきた秋以降に中途採用を実施した方が、じっくり取り組むことができますね。

面接官にとっても新卒採用と中途採用では基準が変わってくるのでわかりやすくするためにも時期はしっかり分けた方がよいでしょう。

中途採用にもじっくり時間をかけよう

新卒採用を人員補充の中心としている会社も多いでしょうが、これからはどこの会社でも中途採用の必要性は高まってくるのではないでしょうか。
職歴やスキル、実務経験の有無が絡んでくるだけに中途採用の方が新卒採用よりも人材の見極めは難しいです。
若干名だからと軽く見ずにじっくりと時間をかけて中途採用を行うようにしましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top