採用担当の教科書

早期退職を防ぐために。長く働いてくれる学生が入社するために必要なチェックポイント

office

新卒採用の目的は決められた採用人数を入社させることでしょうか?
それでもせっかく入社した新入社員がすぐに辞めてしまってはせっかくの採用活動も水の泡ですね。

大事なことはやる気を落とさずに、長く働き続けてくれること。
そのような学生が入社するために必要なチェックポイントを紹介しましょう。

将来のビジョンやキャリアプランを考えているか

実際には働いてみてすぐに辞めてしまう社員は「こんなはずではなかった」と思っている人が多いのではないでしょうか。
それはその社員の問題かもしれませんが、自分がやりたい仕事は何なのか、実際にどのようなキャリアを積んでいきたいのか、よくわからないまま入社している場合が多いです。
企業研究や業界研究が進んでおらず、あまり先のことを想像できていないということですね。

逆に自分はこんな業務に就いてこんな経験を積んでいきたいとビジョンを明確にもっていると仕事をし始めて困難なことがあってもすぐ辞めようとは思いません。
自分の描いている未来に向かって努力をし続けてくれるものではないでしょうか。

そのような学生に入社してもらうためにも面接でどんなキャリアプランを考えているのか聞いてみましょう。
学生のプランと御社での仕事内容が一致していれば長く働いてくれる可能性が高いです。

仕事内容や事業内容を理解しているか

学生の中ではどんな仕事内容なのかわからずに内定が出たからそのまま入社してしまう人もいます。
その結果入社してから「やりたい仕事とは違った」と言って退職してしまうのです。
学生への情報提供の中で仕事内容について詳しく説明するのはもちろんですが、面接でも学生が仕事内容を理解しているのか確認してみましょう。

例えば「こんな作業があるが大丈夫か」「希望の仕事のどの部分に魅力を感じて応募をしているのか」と言った質問をしてみて下さい。
学生が仕事内容について理解した上で応募しているのであればきちんと質問に答えられるはずです。

地元が職場に近い場合は長く働く可能性が高い

一概には言えないことかもしれませんが、職場と学生の地元が近い場合には比較的に長く働く場合が多いものです。
地元が遠すぎる場合は実家の都合などで退職に至る場合も出てきます。

地元が近い場合には家からも通いやすいので辛いことがあってもできるだけ仕事を続けて行こうと思えるものではないでしょうか。
それでも、その場合は「近い」という理由だけで受けている場合もあるので本当に自社に事業内容や職種に興味があるのかは確認した方が良いです。

もちろん地元と遠いからすぐに辞めてしまうわけではないでしょうが、会社の近くに引っ越す予定はあるのか、通勤が遠くても大丈夫か、長く続ける覚悟はあるのかを面接で確認してみた方がよいかもしれません。
そうすると本人の覚悟なども知ることができ、安心して内定を出すこともできますね。

長く勤めてもらうことは採用の重要な目的の一つ

各採用担当の方によって考え方は異なるでしょうが、長く勤めてもらえるような人に入社してもらうことは採用の重要な目的の一つではないでしょうか。
面接の際にはぜひ長く続けられそうかという視点でも質問をしてみて下さい。

転職の盛んな現代では若手社員の退職がある程度出てしまうのは仕方のないことですが、できるだけ多くの社員に長く働き続けてほしいところですね。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top