採用担当の教科書

即戦力採用を実現!中途採用で即戦力人材を採用する3つのポイント

494297293
最近では新卒採用で求めていた質の学生が集まらず、予定していた採用枠数を取り切れていない会社もあります。
そんな中、即戦力を求めて、中途採用の実施に踏み切る会社もたくさん出てきています。
中途採用で即戦力を採用するための3つのポイントについてご紹介していきましょう。

募集要項に必要なスキルを明確に

応募してくる人にこちらが求めているスキルを明確に記載すればそれに沿った人の応募が期待できます。

全体のエントリー数は伸びないかもしれませんが、未経験の人の応募が少なくなると思えば決して無駄な作業ではありません。

スキルの記載だけでは内容が伝わりにくい場合は「○○の経験がある人大歓迎」「○○の担当者の後任の即戦力になる人を探しています」と言う表現を用いれば、こちらの募集職種と同等の経験がある人が集まりやすいでしょう。

書類審査で経験者のみを通過させる

面接で見てポテンシャルで採用したい場合は別ですが、即戦力のみを求めている場合には書類選考で募集職種と同等の経験がある人だけを通過させるようにします。

同じ職種でも会社によって仕事内容はある程度は異なるものです。
即戦力を採用したい場合には、本当に同じ職種を経験している人のみで十分です。
もっと人数を絞りたい場合は、現在のその職種に就いている人と限定すると更に対象者を絞ることができます。

また、事務職など、どの会社でもあるような職種でも、業界や会社規模が変わればその仕事内容の範囲や規定が大きく変わってくる場合もあります。
更に人数を絞りたい場合には前職(現職)の会社の業種や規模なども参考にすると良いでしょう。

面接で前職について詳しく尋ねる

面接でも募集職種の職務内容の経験があるのかを詳しく尋ねてみましょう。
可能であれば配属予定先の直属の上司なども面接に同席させて詳しい質問をしてもらうのもよいです。

同じ経験があると一口に言っても会社によって仕事の内容の範囲も異なってきますので、いざ働いてみると未経験の作業が多く、即戦力になりえない場合はたくさんあります。

それを防ぐために「○○の作業はしたことはありますか」「○○の部分も仕事範囲に含まれますが大丈夫ですか?」と言ったように具体的に尋ねてみましょう。

受験者が即戦力なのかを見極めるための面接と位置付ければ質問内容もかなり絞られてきます。
即戦力が欲しい場合には、入社してから困らないように面接の段階でより詳しく尋ねてみることが大切ですね。
そのためには多少は面接時間が長くなることを覚悟しましょう。

即戦力の採用は業務効率化につながる

中途採用で即戦力を採用できるかどうかは業務効率化に繋がります。
経験職種が違えば中途採用であっても新卒採用ぐらい一から仕事を覚えるという事態になることがほとんどだからです。
中途採用では、ポテンシャル重視の若手を採用する以外は、即戦力の採用を目指す方がより有効的な採用と言えるでしょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top