採用担当の教科書

中途採用と新卒採用の違いは?中途採用で忘れてはならないポイント

leavetoemployees5point
新卒採用と並行して中途採用を実施している会社も多いと思います。
新卒採用人数枠が少なくなった最近では中途採用を実施している企業も少なくないのではないでしょうか。
新卒採用と中途採用の大きな違いや中途採用活動を実施する際に忘れてはいけないことについてご紹介していきましょう。

情報提供の場が限られている

新卒採用活動との大きな違いは情報提供の場が少ないことです。
インターネット上の情報提供がせいぜいで、その情報を見て受けてもらうかどうかを決める流れが普通です。
新卒のように費用や人材を割けないので大々的なセミナーはしないのが当たり前です。

それでも中途採用と言っても20代から30代が中心でしょうし、今後長く働いてもらう人材であることに変わりはありません。
可能であれば筆記試験や面接の前に簡単な会社や仕事内容の説明を行えるといいですね。
質疑応答などの機会を設けてできるだけ会社のことを理解してもらった上で入社してもらうようにしたいですね。

また面接の中でも、「○○のような仕事があるが大丈夫ですか?」とか「Aの仕事とBの仕事がありますが、どちらの分野の方があなたの経験を活かせそうですか?」といったような会社の具体的仕事内容の情報を与えるような質問をするのもよいでしょう。
セミナーに時間を割けない分、面接には時間をかけたいところですね。

ポテンシャルをみるか経歴重視なのか

中途採用であっても20代半ばなのであれば、第二新卒の扱いもできるので経験というよりポテンシャル重視でもよいかもしれません。
まだまだ社会人経験も少なく、新しいことを吸収できる時期でもあります。

面接の際の質問内容なども変わってくるので、ポテンシャル重視なのか経歴重視なのかは改めて面接官とも打ち合わせておく必要があります。
そのためには中途採用の配属先がどんな人材を求めているのか事前にヒアリングをしておくことも必要です。
新卒採用ではないですが、中途採用でも求める人物像というのはある程度、現場とも話し合っておいた方がよいでしょう。

現場での即戦力になるのかが重要

中途採用と新卒採用で大きく違う点は、即戦力であることを求められる場合が多いということです。
前項に上げたポテンシャル重視ではなく、経歴重視の場合はどんな経歴やスキルが必要なのかを実際に確認しておくことが必要です。

また、スキル面だけではなく、その業務に取り組む際に必要な人的資質があるかどうかも中途採用で入った人材が即戦力として活躍できるのかどうかの重要なカギです。
さらに、残業はできるのか、家は遠すぎないのか、病気はないのか、家族の事情により仕事に集中できない可能性があるのかどうかといったことも聞いておく必要があるでしょう。
必要な質問をピックアップしておき、面接官とも情報を共有していく必要があります。

新卒採用よりも状況は厳しい

中途採用は新卒採用と比べて限られた機会で、限られた応募者数の中、確実に使える人材を採用しなければなりませんので、新卒採用よりもシビアな面があります。
新卒採用ほど手間をかけられないとはいえ、軽視しないように十分な準備をして取り組みましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top