採用担当の教科書

採用支援サービスの2つのデメリットについて徹底分析

「応募者がなかなか集まらない・・・」
「なかなか自社とマッチした人材を採用することができない・・・」
「そもそも、自社とマッチするのはどのような人材なのかわからない・・・」

といった悩みから、採用支援会社に仕事を依頼しているケースが見られます。

どこの採用支援会社も当然自社サービスの悪いところを言うはずはないので、メリットばかりが目立ちます。ただ、採用支援会社に頼めば、なんでもかんでもうまくいくわけではありませんよね。

では実際のところ、採用支援会社に協力してもらう際にはどのようなデメリットがあるのか。今回はそんな内容について解説したいと思います。

採用支援サービスに関する2つのデメリット

採用支援サービスに関する主なデメリットは、大きく以下の2つです。

1.採用支援会社に依存してしまうと人事部の力が育たない
2.応募者との関係構築や入社までのフォローが難しくなる

では、それぞれについて詳しく解説していきます。

1.採用支援会社に依存してしまうと人事部の力が育たない

・採用支援会社を決めた後はすべて丸投げ。あとは報告を受けるだけ。
・あくまで採用支援会社主導で物事を進めている。採用支援会社無しでは何をしていいかもわからない。

など、採用支援会社に依存度が高い場合、採用に関するノウハウの自社への蓄積が見込めず、人事部の力が育たないことがあります。

採用支援会社に仕事を任せきりにするのでなく、自ら知識やノウハウを学び、蓄積する姿勢を常に持つようにしましょう。

例えば、広告媒体を出すにしても、
・まず自社で戦略を練って採用支援会社に相談する場合
・採用支援会社の言われる通りに広告を出す場合
とでは、ノウハウの蓄積に大きな差が出ます。

採用支援サービスからいつまでも卒業できなくなる

また、採用支援会社に任せっきりにすれば、コンサルティングを受けている期間は結果が出るかもしれません。

しかし、採用に関するノウハウや戦略に関しての積み上げがなければ、コンサルティング期間が終わった後に上手く採用ができない。もしくはいつまでたってもコンサル契約をし続ける=卒業できなくなる可能性があります。

そのため、採用支援会社に依存せず、人事部が採用に関する知識やノウハウを自ら学び、蓄積していく姿勢が大切なのです。

2.応募者との関係構築や入社までのフォローが難しくなる

採用支援会社に採用支援業務の多くを任せてしまう場合、採用者と自社の社員で入社までの関係性が築きにくいというデメリットが出てきます。

上手く内定者との間に関係性を築けないと、内定辞退されるケースもありえます。

また、内定者は初めて社会人として働くということに大きな不安を抱えていることが多いですよね。

そんな中、
・電話連絡
・面接前の少しの会話
など、「応募者と人事部との間のささいなやり取り」が、お互いの距離を縮めることにつながります。

特に、大量に採用する場合、応募者一人ひとりと接する時間が少なくなりがちなので、内定者に対しては入社までの期間に合わせて面談等のフォローを行うことをオススメします。

内定者フォローの具体的な事例については、以下の記事も合わせてご覧ください。
内定者フォローの事例8選

デメリットを回避する方法

採用支援サービスには、主に2つのデメリットがありました。
では、採用支援サービスのメリットを享受しながら、デメリットを最小化するにはどのようにすれば良いのでしょうか?

自社の自立・自走を支援してくれる採用支援会社を見つける

まず、1つ目のデメリットは「採用支援会社に依存しすぎて、ノウハウが貯まらない」ということでしたね。
そのデメリットを回避するためには、「任せておいて安心」という視点だけではなく、「一緒に採用活動を設計してくれるか?」や「ブラックボックス化せずに伴走してくれる存在か?」「業務内容やノウハウをきちんと資料化してくれるか?」「自分たちを育ててくれる存在か?」といった観点で採用支援会社を選ぶこともポイントであると思われます。

自社が担うべき役割と採用支援会社に委託できる役割を精査する

採用支援会社の導入を「煩雑な業務を任せる」という目的ではなく、「いまの自社に足りないノウハウを学ぶために」や「本当に自社で担うべき業務に注力できるようにするために」という目的で考えてみると良いと思います。
そしてその考えに共感してくれて、かつその目的を叶えることができる実力をもった採用支援会社をぜひパートナー候補にしてみてください。
採用業務を外注する、と捉えるのか、採用業務を支援してもらう、と捉えるのかによっても最適な答えは変わってきます。

参考:採用支援会社と採用代行会社について

採用支援サービスとは、採用戦略・戦術の立案や、プロジェクト運営支援など採用活動に関するコンサルティングサービスのことです。

一方、採用代行とは、採用システムの運用や応募者対応、企業説明会、書類選考、面接など採用に関する業務を文字通り代行するもの。

特に後者は採用代行会社と人事部との間での認識が合致していないと、メリットよりもデメリットが露見する可能性が高くなってしまうケースもありますので注意が必要です。
自社の課題は何なのかによって、採用支援会社と採用代行会社、どちらが自社にとってのベストパートナーであるかは変わってくると言えるでしょう。

まとめ

採用支援サービスのデメリットについて以下のような内容でお話してきました。

採用支援サービスに関する2つのデメリット

1 採用支援会社に依存してしまうと人事部の力が育たない
2 応募者との関係構築が難しく入社までのフォローが難しくなる

デメリットを回避する方法

自社の自立・自走を支援してくれる採用支援会社を見つける

自社が担うべき役割と採用支援会社に委託できる役割を精査する

「自社にとってベストなパートナーとは?」などのお悩みや疑問があれば、まずはお気軽に以下よりご相談ください。
お問い合わせはこちら

新卒採用の手引き 運営事務局

新卒採用の手引き 運営事務局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top