採用担当の教科書

BtoB企業の新卒採用でここが悩む!よく陥りがちな3つの疑問と解決策

BtoB企業の新卒採用でここが悩む!よく陥りがちな3つの疑問と解決策

新卒採用を行なっていて、ほんとうにこの進め方でいいのか、不安になることありますよね。
特に、BtoB事業で、学生となじみのない業界の企業の採用担当者の方は、学生をどうやって惹き付けるか頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。
今回は、BtoB企業の採用担当者の方から聞こえてくるお悩みについて答えます。

次の3つにお心当たりのある方は、ぜひ読み進めてください。

  • 疑問1 学生に認知度がないから、エントリーされないよね
  • 疑問2 大量の学生に会うには、多額な金額がかかるよね
  • 疑問3 やっぱり、SNS導入をはじめたほうがいい?

BtoB企業の新卒採用の3つのお悩み

疑問1 学生に認知度がないから、エントリーされないよね

BtoB企業の一番の不安はこれに尽きるのではないでしょうか。
人気業界や業種でなければ、なかなか学生の目が向いてくれないのは事実です。

だからこそ、先入観なく企業のことを知ってもらえるチャンス。

就職して3年以内に離職してしまう若者の中には、イメージで就職し、働いてからのギャップが大きかった、というケースがあります。
BtoB企業は、学生に身近でない業種業界だからこそ、先入観なく会社や業界について知ってもらうチャンスです。
学生がいる場所にわかりやすく情報を出すこと。
大手採用メディアや合同説明会、その他採用支援サービスを効果的に組み合わせて、会社のことを知ってもらいましょう。

何も知らない学生に伝わるよう、仕事をわかりやすく伝える

会社を知ってもらった後には、丁寧に仕事を伝えることが必要です。
そこで効果的なのが、学生向けの会社案内や採用ホームページ。

わざわざ学生向けに企業の説明をするパンフレットや採用ページは、予算の無駄ではないか?
そう考えられる方もいるかもしれません。
では、みなさんが普段仕事で使われている企業案内のパンフレットをご覧になってみてください。
おそらく、専門用語が多く散りばめられているのではないでしょうか。

学生に企業を理解し、選んでもらうためには、そのままの情報では理解されません。
ただでさえ縁の遠かったBtoB企業から、ますます興味が離れてしまいます。
何も知らない彼らが理解できるよう、業界用語やビジネス経験がなくてもわかる情報に翻訳しなおす、という一手間が必要なのです。

疑問2 大量の学生に会うには、多額な金額がかかるよね

大手ナビサイト掲載、合同説明会、説明会会場費、会社案内パンフレットetc……
新卒採用を行うにあたっては、多くの金額がかかってしまうのは確かです。
限られた採用予算を最大限に生かすために、ちょっと角度をかえて考えてみませんか。

広報予算として考えて予算取りをする

先述の会社パンフレットなどのツールは、広報部門の予算と相談する手もひとつ。
自社の事業や商品をわかりやすく伝えるパンフレットは、学生だけでなく、新規顧客へのアプローチにも効果的です。
今あるパンフレットの置き換えや、プラスαの広報ツールとして予算の相談をしてみませんか。

適切なサイズにリサイズする

いまの手法でお金がかかりすぎていないか、考えなおすことも大切です。
例えば、成功報酬型の新卒紹介サービスに切り替える。
参加費が明確な合同説明会やイベントで直接会う学生だけに絞って採用活動をする。

ただ大量に出会うだけでなく、少人数から会って採用する方法も出てきています。
信頼できる外部パートナーに相談してみるのはいかがでしょうか。

疑問3 やっぱり、SNS導入をはじめてみたほうがいい?

今や日常生活に欠かせなくなったTwitterやFacebookなどのSNS。
アカウント開設は無料でできるため、自社で開設する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日常発信というより、スマホ対応簡易窓口として開設ならいいのでは

SNSは継続的な情報発信でつながるツールなので、無理に導入しても使いこなせません。
特にBtoB企業は、どうしても専門的な情報発信になりがちです。
日常生活のスキマ時間に見るSNSと、相性のいい情報ではないので、毎日情報を発信しても学生ユーザーに親しみをも持たれにくく、使いにくいのが現状ではないでしょうか。

けれど、学生の多くはスマートフォンで情報を見る時代。
採用ホームページの変わりに、スマホ対応万全な窓口としてアカウントを使う方法はいいかもしれません。
採用担当者と直接やりとりができる窓口として、開設・運用はいかがでしょうか。

説明会の情報や、社内の雰囲気を気軽に伝えるツールとして、採用ホームページや就職ナビサイトのブログ機能と連携させてもいいかもしれません。
新規で学生とつながる、というよりは、説明会や選考に進んでいる学生へのフォローアップツールとして活用できそうです。

BtoB企業はじっくり理解してもらうことがコツ

以上、いかがでしたでしょうか?
BtoB企業は学生が就職活動で初めて出会う企業/業種。
他社の採用事例に憧れて予算や力を投入するのもいいのですが、しっかり計画を立てて、焦らずじっくり理解してもらう道筋をつくることが大切なのです。

ここにある不安をさらに具体的に解決したくなったら、ぜひ「採用担当の手引き」までお問い合わせください!
アドバイザーや採用支援企業のご紹介をいたします。
採用担当者のみなさまの活動がよりよくなるよう、応援しています!

天池知子

天池知子

2011年株式会社カケハシ スカイソリューションズ入社。 就活サイト「ミートボウル」の立ち上げ運営に携わり、学生広報を担当。 2012年「就トモCafe」の社会人バリスタとしてボランティアで運営。 現在はフリーランスとしてメディア運営・ライティングに携わる。

Return Top