採用担当の教科書

厳選スカウト!逆求人フェスティバルの3つの特徴

厳選スカウト!逆求人フェスティバル・逆求人ナビのサービス特徴3つ

新卒採用のスカウト型サービスはいくつかありますが、継続的なリアルイベント開催と、Web上のナビシステムの両軸で出会えるのは「逆求人ナビ」ではないでしょうか。
運営会社の株式会社ジースタイラスは、2000年代から学生が自己PRをする就職イベントを開催しています。
近年、Web上でスカウト出来るサービスや、ソーシャルリクルーティングサービスが誕生していますが、それより以前からサービスが継続されている、いわば新卒スカウト型採用のはしりです。
今回はその「逆求人ナビ」の中でも、特に人気の高い「逆求人フェスティバル」についてご紹介いたします。

1日のイベントで優秀な約50人の学生から8名をスカウトできる

逆求人フェスティバルは、学生自らが企業に向けてプレゼンテーションをする採用イベントです。
当日参加する学生は約50名。
企業側は、イベント冒頭の顔合わせと資料から8名の学生を選び面談をすることができます。
参加する学生の傾向は以下の通りです。

当社では、上位校や、就職意識の高い学生団体、独創的な校風を持つ大学との提携を中心に、特に将来幹部となるような人材を幅広く集めております。逆求人に参加する大半の学生は当社学生専門カウンセラーとの個人面談を実施しており、本人の適性・将来性・能力・アピールポイントを整理してイベント当日に臨んで頂いております。

たった8名との面談と聞くと少なく感じるかもしれません。
ですが、大手ナビサイトで同じように学生を50名集めて、選考に8名選ぶには非常に時間と根気がいります。
なので、1日のイベント参加で50名と顔合わせて8名と面談するというのはとても効率的で魅力的なサービスといえます。

細分化された逆求人フェスティバルで採用成功率をあげる

開催される逆求人フェスティバルは、それぞれテーマが決まっています。過去に開催されたテーマは以下の通りです。

  • 超上位校(東京大学、京都大学、慶應義塾大学、東京工業大学、一橋大学、早稲田大学、大阪大学、九州大学、東北大学の学生のみが参加)
  • プレミア(逆求人フェスティバルでの企業評価の上位学生と、大手企業経営者による面接を通過した学生のみが参加)
  • 体育会(部活動で実績を残している学生)
  • 営業系(特に営業職を志望している学生)
  • 地方学生
  • 起業系(将来企業したい、起業家精神を重んじる学生)
  • ITスキル(プログラミングスキル保持者のみが参加)

プレミア
参加者の中から厳選される「プレミア逆求人フェスティバル」では、今までの参加者の中から優秀な学生を全国区で選抜するイベントのため、期待が高まります。

企業側からスカウトをし、1社あたり30分の面談ができる「逆求人フェスティバル」は、学生認知度の低い中小・ベンチャー企業にとって、優秀な学生を狙い撃ちできる採用チャンスです。

参加は1回40万円、ナビは月額10万円の低コスト

逆求人フェスティバル参加は1日あたり40万円です。
優秀層の採用チャンスとしてとらえるなら、大手ナビ掲載や人材紹介よりも低コストでターゲットに接触できます。

そして、ナビサイトの逆求人ナビは、1ヶ月の利用で10万5千円と、こちらも低コストです。
こちらは、逆求人フェスティバルの参加学生全員とその他優秀な学生が集められ登録しているスカウト型ナビサイトです。

kyujin3
-引用:逆求人ナビ法人向けページサンプル

イベント参加者が中心なので、ただなんとなく登録してみたという学生ではなく、就職意欲の高い学生が集まっています。
それはナビ内のメール反響率にも現れており、メール開封率90%、メール返信率40%という高い反響率で学生とコンタクトをとることができるようです。

厳選採用をするなら、逆求人フェスティバル・逆求人ナビ

将来経営幹部になる層を採用したい、新規事業を引っ張っていくような人材に出会いたい、そんな厳選採用を考えているなら、逆求人フェスティバル、そして逆求人ナビの活用はとてもマッチしているのではないでしょうか。
通常の採用に加えて活用したり、少人数の厳選採用を行いたい場合の活用にも向いているサービスです。

ちなみに、現在開催予定の逆求人フェスティバルは2016年度卒業者が対象になっています。
2015年3月の採用広報スタートより早く動いて優秀層と接触したい…と考える企業のみなさんが、今から学生と出会う場としても活用できるでしょう。
優秀層の採用手法のひとつとして、ぜひ一度チェックされてみてください!

天池知子

天池知子

2011年株式会社カケハシ スカイソリューションズ入社。 就活サイト「ミートボウル」の立ち上げ運営に携わり、学生広報を担当。 2012年「就トモCafe」の社会人バリスタとしてボランティアで運営。 現在はフリーランスとしてメディア運営・ライティングに携わる。

Return Top