採用担当の教科書

中途採用も売り手市場?良い人材を逃さない3つのコツ

market-urite3

ここ数年、大学生の新卒採用は売り手市場と言われています。
有効求人倍率から見ても業種によって中途採用でも売り手市場と言える状況もたくさん発生しています。

中途採用で内定を出しても辞退をされる可能性を考えないといけないということですね。
中途採用での良い人材を逃さないコツについて考えてみましょう。

中途採用でも複数のサイトへの登録は常識

新卒採用では採用ナビサイトでの就職活動が主流ですが、中途採用でも転職用の採用ナビサイトなどのインターネットでの就職活動が中心です。
今やネット上には転職用の採用ナビサイトのバナー広告がひしめき合い、どこの会社もより多くの人に登録をしてもらおうと宣伝活動が盛んです。
インターネットでの登録もどんどん簡単になっています。

良い人材に出会うためにはまずは自社の求人情報を掲載している採用ナビサイトに登録しておいてもらう必要がありますね。
良い人材に巡り合うためには人気があり、登録者数が多い採用ナビサイトに求人情報を掲載するようにしましょう。

中途採用も良い人材はどこの会社も欲しい

新卒採用と同様に、実務経験やスキルによっても判断される中途採用でも良い人材への人気は集中します。
自社が内定を出すということは他の会社でも内定を出す可能性が高いです。

新卒採用同様の内定者フォローとまでは言いませんが、内定後に入社にあたっての不安を解消するような機会を設けたり、簡単な会食を設けたりしても良いかもしれません。
また、セミナーというアピールの機会がないので面接前や面接でのやりとりを通して自社の魅力を伝えていくようにしましょう。

新卒だけではなく中途採用で入社してきた人物も会社にとって重要な人財です。
それだけの手間をかけても無駄ではありません。

転職を決意させる決め手とは?

良い人材は応募している会社での面接を受けながら、転職する価値がある会社なのかを常に考えています。
会社を変えるのはどの応募者にとっても勇気がいることなのです。

そんな時に内定を辞退したり、他の会社への入社を決めたりという事態を避けるためにはこの会社に入社したいと強く思わせることが大切ですね。
自社の仕事内容の魅力や会社の業績をアピールするだけではなく、応募者の現在の会社では実現できないことがこの会社では実現できるという方向でのアピールもしましょう。

転職によって今の会社での不満を解消できるという確信が持てれば、自社への転職への決意も固まるのではないでしょうか。

応募者は常に迷っている

転職活動をしている応募者は在職中であることが多く、本当にこれまで慣れ親しんできた会社を辞めていいものか、迷っていることも多いです。
内定をとっても今の会社でい続ける方がよいのではないかと思い悩む人がほとんどではないでしょうか。

逃したくない良い人材に出会った時には転職を決意できるように背中を押してあげましょう。
押しが弱いと「やはり転職するのは辞めて自社で続けます。」と言う流れにもなりかねないことを忘れないで下さい。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top