採用担当の教科書

第二新卒・既卒学生も対象の採用ナビサイト「いい就職」とは?

ii

大手の採用ナビサイト以外にも複数の就職サイトが存在しますが、新卒だけではなく第二新卒や既卒の学生も対象としている「いい就職」というサイトがあります。
「いい就職」とはどんなサイトなのか説明していきましょう。

第二新卒や既卒も対象

「いい就職」とは新卒だけではなく学生の間に就職できなかった学生や、入社したがすぐに辞めてしまった第二新卒の学生も登録の対象としています。
むしろ、新卒よりも既卒/第二新卒の方の就職支援を中心にしています。

就職支援のコンテンツが充実しており、模擬面接やビジネスマナーのセミナーや質問会など若者が就職活動を進めていく上で必要な支援を無料で受けられるような機会がたくさん揃っています。
アドバイザーのフォローも充実していますので、就職に対しての意識を深めてきているとてもやる気のある若者がたくさん揃っているサイトと言えます。

これまで14万人が登録し、就職の決定実績は5000名以上です。

いい就職のシステムとは?

「いい就職」ではネットでの情報掲載で興味を持った学生に個別の企業説明会を開催することができます。
その際は100名まで収容できる「いい就職プラザ」のイベントルームを無料で使用することができます。

開催日時の設定を採用ターゲットさえ決定すれば、会社説明会の告知やセミナーへの動員までをいい就職プラザのスタッフが行ってくれます。
その際も登録している若者の詳細な登録データによりよりターゲットに合った若者を紹介してくれるシステムになっています。

参考URL:『株式会社ブラッシュアップジャパン いい就職プラザ「人材募集企業様へ」』

掲載無料/紹介手数料は35万円~65万円

企業情報を掲載するための取材や原稿執筆、掲載までもいい就職プラザのスタッフが行っており、掲載料金はここまで含んでも無料です。
費用は採用が決定にならない限り発生せず、採用決定の際の紹介手数料は35万円~65万円です。

しかも、入社した社員が入社後短期間で退職となった場合は規定により条件に該当すれば紹介手数料を返金してくれる場合があります。
手間とコストをかけずに人材採用を行いたい場合には心強いサイトですね。

「いい就職」のメリットはスクリーニングの高さ

就職のアドバイザーがある程度スクリーニングをかけた上でターゲットに近い層を紹介してくれるというところです。
セミナー開催に対する告知や会場準備のためが省けるのも嬉しいですね。
インターンシップ制度も取り入れており、最終面接後に2週間の就業体験を通して採用するかどうかを決定することもできます。

また、いい就職に登録しているやる気のある第二新卒にアプローチすることができるのもこのサイトならではの強みですね。
就職協定による選考開始時期の後ろ倒しにより内定辞退が増加したり、学生時代は企業の知名度だけで就職先を決めてしまったり学生が多く、就職活動のミスマッチが問題視されています。

そんな中でやる気や高いポテンシャルはあるのに初めての職場では自分の良さを発揮できなかった若者も大勢いるはずではないでしょうか。
新卒以外の既卒や第二新卒の学生と接触できるのがいい就職の最大のメリットと言えます。

新卒以外もターゲット層にする価値あり

このサイトでは大学4年生以上の新卒の学生もターゲットにしていますが、登録しているのは第二新卒や既卒の若者がほとんどです。
しかし、初めの就職活動がうまく行かなかったからこそ、次は成功したい、自分はこのような職場で働きたいと言ったような就職に対するはっきりとした目的を持つ若者もいるのではないでしょうか。

このサイトではそのような優秀な若者に出会えるチャンスがあるかもしれません。
新卒以外も採用のターゲット層に考えてみたい場合にはぜひ利用を検討してみましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top