採用担当の教科書

2016年度採用はもう始まっている!採用側から考える2014年のサマーインターンシップ事情

採用側から考える2014年のサマーインターンシップ事情
マイナビ、リクナビ、日経ナビ各社とも、2016ナビオープンは6月1日の予定です。
6月1日にオープンするナビはあくまでも「企業研究やインターンシップ情報のため」のナビで、2016年度の採用とは直結しないことが前提です。

経団連の定めた倫理協定により、2016年度の採用活動は2017年3月に広報スタートとなり例年より後ろ倒しになります。
採用活動開始が今までより遅くなるため、サマーインターンシップの開催は、採用活動開始前に学生に企業を認知してもらうチャンスです。

2014年のサマーインターンシップ実施各社の動きや告知状況についてまとめましたので、自社の採用計画の参考にしてみてください。

2014年5月時点のインターンシップ求人状況

インターンシップに関しては通年実施する企業もあるため告知開始のルールはありません。

サマーインターンシップは、例年6月1日にオープンされるインターンシップナビにて募集されるイメージが強いのではないでしょうか。
ですが、6月1日に告知を開始しなければならない、というわけではありませんので、2014年度のサマーインターンは各社のWEBを中心に告知が始まっています。

具体的に、既に告知開始をしている各社の告知について紹介していきたいと思います。

各社のサマーインターンの求人告知状況

多くは「全学年対象」の「5日間〜2週間」インターンシップ

「2014 サマーインターン」「2014 夏期インターン」で検索をかけると、大手企業/外資企業を中心に、インターンシップに関する求人情報が多くみつかります。
経産省や文科省のインターンシップなど、官公庁のインターンシップ募集も開始しています。

大学生の全学年を対象に、企業が5日間〜2週間程度の一定期間をもうけているプランが多いです。
中には、明確に採用と直結するインターンシップの告知もあります。

全学年対象とし「入社希望対象者」「内々定」もあり

ネスレ日本のインターンシップは、コートジボワールでカカオの仕組みから学ぶ海外インターンシップです。
応募資格の1つ目には「ネスレ日本への入社を希望している」と明記されています。

プログラム終了後、成績によりインターンシップ生にはネスレアソシエイト(内々定)が付与されるようです。

ネスレ日本カカオプランインターンシップ

「2016年度卒業生対象」で内定直結型インターンシップもあり

クラウドワークスのサマーインターンでは、内定直結型/2016年度卒業生対象と明記した5日間のインターンシップを募集中です。
他学年のエントリーも受け付けることを併記しながらも、採用直結型であるインターンシップとしての立ち位置は明確になっています。

crouwdworks

合同説明会規模のイベントは5月から開催

複数企業がブース出展をする形の合同説明会形式のイベントは5月から既に開催されています。
例を2つほど挙げて紹介したいと思います。

全学年対象の複数企業ブース型

口コミ就活サイトのみんなの就活日記は、早くも5月にイベントを開催します。
5月26/27日東京、5月29日大阪で開催される「サマーインターンシップ&キャリア形成準備編」には、国内の大手企業・人気企業を中心に企業ブースが開設されます。

大手ナビ開催のイベントは6月から開催

ナビオープンは6/1ながらも、各社プレサイトにて6月開催のイベント情報を掲載しています。
東京・大阪を中心に全国で開催予定が決まっている様子です。
mrn

インターンシップ実施が一般的になりつつある

2016年度採用では時期が後ろ倒しになることで、学生側の業界研究/自己分析などの就活準備が遅れることが予想されていました。
しかし、インターンシップ参加学生はここ数年増加の傾向にあり、インターンシップ実施企業も増えています。

サマーインターンシップをきっかけに、ゆるやかに就活の準備をスタートする、というのが2016年度採用以降の流れになるのではないでしょうか。

企業側も3月の採用広報前に学生と出会うことは、自社の魅力でどんな学生を惹きつけることができるのか、いわば採用本番前に力試しできる時期です。
採用活動の予行演習として、インターンシップに取り組んだり、同業他社や採用ライバルの動向をチェックするのも1つの採用戦略です。
サマーインターンシップの機会を活用して、2016卒採用活動につなげていきましょう!

天池知子

天池知子

2011年株式会社カケハシ スカイソリューションズ入社。 就活サイト「ミートボウル」の立ち上げ運営に携わり、学生広報を担当。 2012年「就トモCafe」の社会人バリスタとしてボランティアで運営。 現在はフリーランスとしてメディア運営・ライティングに携わる。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top