採用担当の教科書

無償のインターンシップってあり?無償/無給インターンシップの3つの特徴

meeting

無償/無給のインターンシップは少ないコストでできることもあり、実施する企業側にも人気があります。
今回は、無償/無給のインターンシップとはどのようなものか、その3つの特徴をまとめました。

短期間なので、会社側の負担が少ない

無償のインターンシップのほとんどは短期間で行われるため、費用面でも人員の面でも会社の負担が少なく済みます。
社外の会場を借りるにしろ、人事部以外の社員に手伝ってもらうにしろ、日数が少ないので事前に確保しやすいのがメリットです。
また、何度かインターンシップを行って、できるだけ多くの学生を集めるということも可能です。

短期間であればあるほど学生が集まりやすい

無償なので学生が集まりにくいようにも思えますが、インターンシップの期間が数日程度であれば、比較的、学生は集まりやすいようです。
いろいろなインターンシップに参加してみたいと考える学生や、大学の勉強などの関係で長時間の参加が難しいという学生のニーズに合った方法だと言えるでしょう。

ただし、無償インターンよりも有償インターンの方が、知名度が低いインターンよりも高いインターンの方が、学生が集まりやすいのは仕方のないところです。
一般消費者向けの会社ではないB to B企業の場合は、無償インターンにするか有償インターンにするかは慎重に判断するようにしましょう。

「仕事」をさせてはいけない

無償のインターンシップで一番気をつけなければならないことが、「仕事をさせてはいけない」ことです。
実際の仕事を通して、学生に仕事とはどのようなものかを感じてもらいながら、会社にとって欲しい人材を探したいところですが、「会社の利益になる作業をさせ」ており「使用従属関係がある」場合、その学生は会社の「労働者」とみなされ、給与を支払わなければならないと判断されます。
説明や見学といった「職場体験」程度にとどめておくようにしましょう。

なお、無償のインターンシップに参加している学生は「労働者」にはあたらないため、事故などがあっても労災の対象にはなりません。
しかし、社内(会場が外部である場合も含む)に学生を受け入れてインターンシップを行っている以上、会社には学生に対する「安全配慮義務」があります。
事故が起きた時の補償を行うためにも、保険に入っておくなどの対策が必要になります。

無償/無給インターンはあくまで説明/見学がメインの短期間が一般的

いかがでしたか?
無償/無給のインターンシップは、うまく集客することができれば、かなり費用対効果が高い方法です。
やや多い採用人数を予定している会社には最適のインターンシップでしょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top