採用担当の教科書

多機能スカウトサービス『JOBRASS』で採用活動を効果的に進めよう!

スカウト、Web応募、新卒紹介。JOBRASSはニーズに合わせてプランが選べる!

いままで『新卒採用の手引き』では、スカウト型の新卒採用サービスをいくつも紹介してきました。
リアルイベントやSNSとの連動機能など、サービスごとに特徴は様々ですが、今回ご紹介するJOBRASSはWeb上のスカウトに特化したサービスです。

そして実は、スカウトできるだけではなく、従来の採用媒体のように学生から応募を待つことも、エージェントによる新卒紹介を受けることもできます。
どんなサービス形態で、どう活用することができるのか、JOBRASSのサービス特徴を3つのポイントからご紹介します。

「就活プロフィール」で学生を検索してスカウトできる!

スカウトサービスを選ぶ際に見るべきポイントの一つは、いかに学生の情報を細かく知り、アプローチ出来るかという点です。

JOBRASSではオリジナルの「就活プロフィール」を学生一人一人が作成することができます。
その内容については、以下の項目で検索することができます。

【検索項目】
資格/語学/PCスキル/各種経験/住所(都道府県)/学歴/文理区分/卒業予定年/志望業界/志望職種/希望勤務地/希望上場区分/作品・論文の有無/登録日/最終ログイン日/新着/更新/選考オファー受付/就職活動状況/スカウト送付済み/選考オファー済み/全体フリーワード

-引用元 就活プロフィール画面 | JOBRASS

新卒スカウトに特化しているため、学生の就職の希望条件の項目や、就職活動状況に関してとても充実していることが特徴的です。
登録日、最終ログイン日で検索することもできるので、今まさに就職活動中の学生のみ絞って探し出すことも可能です。
利用する企業のニーズに合わせて、細やかな検索とスカウトができる点はJOBRASSの強みといえるでしょう。

2つのプランで多様な採用活動が実施できる!

JOBRASSの基本機能はスカウトですが、それに加えて企業プロフィールを公開するスタンダードプランか、非公開求人として新卒紹介サービスを受けるエージェントプランの2つを選択することができます。

jobrass-plan
-引用元 プラン設定と選考の流れ | JOBRASS

スタンダードプランでは企業プロフィールを公開することで、従来の採用サイトのように学生側からのエントリーを受けることが可能です。
企業の知名度がある企業ならばスカウトに加え、この方法でも多くの学生に接触することができるのではないでしょうか。

エージェントプランは、学生側には求人情報は非公開ですが、エージェントを通して自社の希望に沿った人材を紹介してもらうことができます。
人数を絞って採用したい場合や、採用ターゲットが明確な場合は、スカウト機能と合わせて特定の学生を狙い撃ちする採用に活用できそうです。

機能制限のないプラン活用で予算に合わせて採用できる!

スタンダードプランとエージェントプランはそれぞれ料金設定がなされています。
スタンダードプランは掲載期間にあわせて、エージェントプランは成功報酬で採用人数にあわせて金額が決まります。
料金設定-JOBRASS
-引用元 プラン・料金 | JOBRASS

特徴的なのは、どのプランでも機能制限がないので、プランの料金内でエントリーから説明会予約、選考案内まですることができます。
従来の採用サイトに備わっているような採用に関連する一連の機能が備わっているので、JOBRASSひとつで採用フローをまわすことも可能ではないでしょうか。
新卒紹介を活用するのか、採用サイトとして活用するのか・・・・・・採用計画と予算に合わせて活用方法を決めることができます。

企業のニーズに合わせ柔軟に利用出来るJOBRASS

機能を追ってみれば、JOBRASSは多機能なスカウトサービス。
従来の採用サイトのような使い方も、スカウトと新卒紹介で狙い撃ちの採用もできるサービスです。
中小企業から大企業・有名企業まで、自社の採用計画に合わせた使い方ができそうです。

スカウトサービスを使ってみたいけれど、たくさんあってどれを利用したらいいかわからない・・・といった場合に、まずは検討してみるのも良いかもしれません。

JOBRASSはその他の機能やサービス案内を、法人向けページとして公開しています。
ご興味のあるかたは以下のリンクより、より詳しい情報をご覧になってみてはいかがでしょうか。

法人のお客様 | JOBRASSについて

天池知子

天池知子

2011年株式会社カケハシ スカイソリューションズ入社。 就活サイト「ミートボウル」の立ち上げ運営に携わり、学生広報を担当。 2012年「就トモCafe」の社会人バリスタとしてボランティアで運営。 現在はフリーランスとしてメディア運営・ライティングに携わる。

Return Top