採用担当の教科書

逆エントリーの就活スタイル “ミートボウル”の仕掛け

企業名でエントリーさせない就活スタイル “ミートボウル”の仕掛け

動画を活用して企業と学生が出会うサービス「就キャス」は、スポーツや研究などの学生生活を頑張る学生が、いままでの活動をしながらも就職活動にはげむことが実現できるサービスです。

企業にとっても魅力的な学生に出会えるサービス「就キャス」。
運営会社である株式会社カケハシ スカイソリューションズは、他にも学生向けのサービスをいくつか展開しています。
広報の池田園子さんにお伺いした内容を元に、今回は新しい就活スタイルを提案しているサービス「ミートボウル」についてお伝えします。

企業を探す視点を変えた「得意なことで就活」

以前新卒採用の手引きでもご紹介した、新しい就活スタイルを提案するサイト「ミートボウル」は、学生が得意なことで企業にエントリーする、従来の就活/採用スタイルとは逆のスタイルです。

ミートボウルTOP

「大手の就職ナビに掲載されている企業はおよそ1万社程度。
就活生はその中から、知っている企業名や業界・職種を検索してエントリーするのが今の就職活動の流れです。
新卒採用をする多くの企業も、就職サイトに掲載をして、同じナビサイト上で情報を出して選んでもらう。
1万社ある中から学生に見つけてもらうためには、元々知名度があったり学生に人気のある企業以外は、広告費をかけたり他の方法で接触してまず企業を『知ってもらう』ということに苦労してしまいます。

学生が知っている企業や業界の知識はごく一部。
ましてや、日本国内の企業数は420万社程度もあるのに、その中の一部しか掲載されていないナビ上で就職先を探すというのは、選択肢としてとても狭いのではないでしょうか。

とはいえ、今ある大手就職ナビのシステムは、求人情報の提示から説明会告知や予約、面接設定までをすべてサービス上で行うことができるので、多くの企業と学生が出会うためには便利な仕組みであるのも確かです。

ではそれとは逆に、たくさん掲載されている企業から学生が探すのではなく、学生側から企業を探したくなるような仕組みはできないか。
そこで、ミートボウルは学生が得意なこと・興味のあることからサイトに応募をし、企業に出会えるようなサービスになっています」

就活を、もっと学生と一緒に「楽しんで」取り組む

採用する企業のみなさんからよく聞こえてくるお悩みのひとつに「最近の就活生は就職活動対策がしっかりしていて本音が見えにくい」ということ。
けれども、ミートボウルでは、学生自身の得意や興味をもつ事が入り口になっているため、就職活動に合わせたパーソナリティーではなく、素の就活生自身と出会い相性を確かめることができることが特徴です。

「雀荘を貸切ってプロの雀士をお招きして就活生同士の麻雀大会を開催する『麻雀採用』は、サービス開始当初から続いている採用イベントの一つです。

麻雀は、論理的思考能力、先読み能力が必要なゲームです。
その能力を見込んで採用する企業がこちらのイベントに参画しているため、多くの内定者を排出してきました。運営会社である私たちも、ここから採用者が出ています。

他にも、カードゲームを使った社会人と学生の交流イベントや、大喜利を模した自己PR練習の就活対策講座など、従来の就職活動の固いイメージとは離れた企画を多く開催しています。

もちろん、人材採用とは企業にとってはとても大切な活動の一つ。財務会計と同じくらいまじめな企業活動と私たちは考えています。
だからこそ、固くなりがちな採用活動の入り口を柔軟にすることで、学生も面白そうだと感じて参加してくれるのです。
それは私たち企業側だけで作るのは難しいこと。実は、学生と一緒に楽しんで取り組んだ結果、生まれた採用スタイルもたくさんあるのです」

インターンシップ生による企画やイベント運営などが数多く展開されている、ミートボウル。
採用企業やサービス運営会社だけでなく、利用ユーザーである学生も巻き込んだ企画力が、面白さを生み出すポイントのようです。

新しい就活スタイルを実験し続ける実験場

就職活動生は毎年入れ替わり、年齢や世代差による価値観の溝が深まるばかり…そうお悩みの採用担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ミートボウルが学生向けに行っている一週間のイベント企画では、学生が自由に楽しく就活に向き合うためのプログラムが充実しています。
学生の温度感や悩みをつかむ、採用活動のヒントが隠れているかもしれません。

実験室

ぶっ飛び就活の実験場』という名前で2013年8月にスタートした企画は、渋谷ヒカリエで開催される一週間のイベントです。
2013年12月には『ぶっ飛び就活の準備室』と名を変え、12月就活スタートに時期が変更された2014卒の学生向けのイベントを開催。
前年度の就活生の先輩と違った就活時期になり、不安を感じている就活生向けに、面接対策や自己分析のイベントがゲームを交えながら実施されました。

2014年2月には、就職活動も本番になってきてせわしない就活生向けに、就活の楽しさを取り戻そうと『ぶっ飛び就活の羅針盤』、2014年12月には、春先の就活本番シーズンにむけて準備をはじめた早期活動の2016卒の学生向けに『ぶっ飛び就活の実験場 二週目』が開催されました。

それぞれの時期の就活生の心をつかみにいったイベントの様子は、Facebook上からも見ることができます。
先述のインターンシップ生が企画したプログラムも、こうした実験の場で試されているそうです。
きっとここから、未来の「新しい就活スタイル」が生まれていくのでしょう。

ミートボウルは、学生と共に新しい採用スタイルを生み出し続けている

実は、取材した私自身、今回取材した採用サービス『ミートボウル』の立ち上げと運用に携わっていました。
学生の得意や興味から新しい採用スタイルを、と、運営会社として用意したサービスでしたが、今ではインターン生や利用学生を巻き込みながら、新しい採用スタイルを生み出し続けている仕組みが出来あがっていることに、取材しながら驚きました。

なぜここまで、多くの学生を巻き込みながらサービス運営が出来るのでしょうか。
そのヒントが隠れているインターンシップ事業『島キャン』についてもお伺いしたので、次回の記事にてご紹介します。

天池知子

天池知子

2011年株式会社カケハシ スカイソリューションズ入社。 就活サイト「ミートボウル」の立ち上げ運営に携わり、学生広報を担当。 2012年「就トモCafe」の社会人バリスタとしてボランティアで運営。 現在はフリーランスとしてメディア運営・ライティングに携わる。

Return Top