採用担当の教科書

面接時の服装に気配りしていますか?採用担当が心がけるべき3つの身だしなみのポイント

採用担当の身だしなみ

会社説明会や面接等学生さんと会う機会も増えてくるこの時期。
そういった場にでる社員は企業の顔です。
学生さんは、その企業で働く人を見て、

あの先輩かっこいいなー。
ステキだな。
あんな風に自分も働きたい!

という社員がたくさんいる会社で働きたいと思うものです。
その第一印象を決めるのが身だしなみ。

企業によってお付き合いするお客さんや、服装に関する常識、学生さんに与えたい印象も違うので、これがいい!と一概には言えないのですが、採用担当者がチェックすべきポイントをお伝えします。

1、髪型・スーツ・靴

忙しい業務の合間に説明会や面接に協力してくる社員さん。
髪の毛がボサボサのまま説明会に登場していたり、面接に入ってしまっていることもあります。
説明会や面接に入る前に、こんなチェックはしていますか?

  • シャツやスーツがヨレヨレではないか?
  • 髪の毛が整っているか?
  • 靴がきちんと磨かれているか?
  • 靴のかかとがすり切れているなどしていないか?

チェック項目をあらかじめ用意しておき、社員さんに自らチェックしてもらう他、採用担当がチェックしてから、学生さんの前に出てもらう等をするよいでしょう。

2、細部まで気を配る

意外と気になるのが手元。
女性の場合は、ネイルがはげていたりするのは言語道断ですが、
男性の場合も、爪が伸びていたり、汚れていたりすることがあります。
また、鼻毛がでていたりするのも気になるところ。

注意しにくいところではありますが、勇気を持って注意してあげましょう。

3、色を効果的に使う

スタイリッシュで、クールな印象を与えたいときは、青や紺。
エネルギッシュで情熱的な印象を与えたいときは、赤。

というように自分をどんな風に魅せたいか?
によって合わせる色は変わってきます。

また、人には、肌の色やその人の個性をよりよく見せてくれる色味というものがあります。
同じ赤でも、朱色っぽい赤が似合う人も入れば、紅色が似合う人もいます。
自分に似合う色味を知り、それの色味を身につけることにより、その人をより魅力的にみせることができます。

自分では気づかない魅力を引き出すために、採用担当が色について勉強をし、社員さんにアドバイスしてあげてもいいかもしれません。

参考:パーソナルカラー

おわりに

身だしなみを整えるのは、社会人として当たり前のことかもしれませんが、年次があがってきたりすると“自己流”や“慣れ”が出てきて、意外とできていないのが身だしなみ。

他人からの目で気づくことは多いものです。
採用担当が、積極的にアドバイスしてあげるといいでしょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top