採用担当の教科書

中途採用面接のコツ!転職に対する本気度を確かめるための3つの質問

中途採用の面接

中途採用で人を雇い入れる際には、在職中で退職前のかたが優秀な人材が揃っているケースが多いとよく言われています。
そんな中で在職中の応募者を面接し、内定を出した後「やはり今の会社で頑張ります」と内定を辞退されるケースも少なくありません。

自社に入社を決めてもらい新たな気持ちで活躍していく意思があるのかを見極めるために、必要な質問について紹介していきましょう。

どんな部分に魅力を感じて当社を受けたのですか?

これは志望動機を尋ねる質問でもありますが、この質問をすると自社のことをどれだけ理解しているのかが分かります。
見当違いのことを言うようでは自社の仕事内容を理解していないことになり、入社してから「話が違った」ということにもなりかねません。
この質問は必ずしておきたい質問ですね。

逆に、当社の魅力を正しく理解していることが分かればお互いに目指す方向が一緒なので、入社した際には戦力となってくれることでしょう。
本人のモチベーションの有無が量れる質問でもありますね。

なぜ今の職場でやりたいことを実現できないのですか?

これは転職の理由やきっかけを問う質問にもなります。
この辺りの質問にきちんと答えられないのは人間関係の問題で辞めるのかもしれません。
今の職場でも頑張れば遂げられることなのにやる気がないのは仕事を進めにくい人間関係などの問題があるからではないでしょうか。

この質問にきちんと答えられれば自分の中で転職の意思がはっきりしていると言えます。
この質問は更なる志望動機を誘導することにもなるので、本音の話も聞けるかもしれませんね。

また、だからこそこの会社でこんなことを実現したいという話に繋がれば、入社した暁にはどんな方向性の仕事をしていきたいのかが見えてきます。
志望動機は入社後のモチベーションを明確にする大切な質問です。

ぜひ、回答に対して追加の質問をして詳しいところまで聞いてみて下さい。
応募者の職業観や仕事を進めていく上の目的なども伝わってくることでしょう。

今の職場のどこに不満を感じて転職するのですか?

これは転職のきっかけを問う質問にもなりますが、前向きな理由で転職をするのか、ただ嫌なことがあって転職するのか、が分かる質問でもあります。
その理由が一時的なものであれば、その問題が解決される兆しが見られれば転職に対する意志が弱くなる可能性はあります。
自社に入社してからも少し嫌なことがあったらすぐに転職を考える可能性も感じられますね。

長期的な視野で今の職場で成し遂げられない理由である場合は、本気で転職活動をしていると感じられますね。
例えばやりたい仕事に今の会社では就く可能性がない、自分が望んでいるようなキャリアが積めない、通勤が遠い、など本人の努力次第ではどうにもならないことですね。

応募者の求めているものが自社にあるようであれば入社してからも長く勤めてくれるでしょう。

応募者の気づいていない本音を引き出す

回答に対して更に深い質問をすることにより応募者本人でも気づいていない本音を引き出しましょう。
真の転職理由に気づき、心から転職したい、この会社で働きたいという自覚ができれば、入社後も一生懸命働いてくれそうですね。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top