採用担当の教科書

面接で好感度を上げよう!面接で学生に好印象を与える質問とは?

面接で好印象を与える質問

面接において一番重要とも言えるのが学生への質問内容。

学生は多くの面接を受ける中で他の会社と比較をしています。
面接での面接官とのやりとりでその会社への好感度が上がるケースも多々あります。

面接で学生を虜にしてしまうような好印象を与える質問について紹介します。

あなたが会社で実現したいことは何ですか

この質問をいきなりしても学生は選考のための面接なので、好印象を与えようと表面的に立派な回答しかしないかもしれません。
しかし、どのような仕事をしていきたいのか、自分の仕事をどんなことに繋げたいのかと言ったことは仕事をする上で大切なモチベーションの源にもなります。

志望動機ややりたい仕事の延長の質問のような形で聞いてみましょう。
「どんなことを実現したくてこの仕事を選んだのですか?」
「自分の仕事がどんなことに繋がって行けば嬉しいと思いますか?」
などと前の質問との流れを絡めて学生が答えやすい言い方で聞いてみましょう。

学生はその質問によりブレーンストーミングをされて本来の自分の志望動機に気づくことになるかもしれません。
そのやりとりを通して自分のやりたいことの実現に繋がることが再確認できれば志望度も上がっていくはずです。

どのような職場環境が働きやすいと思いますか

早期退職防止のため、若者にも働きやすい職場環境を整えるために何が必要なのか知りたいというスタンスで聞いてみましょう。
「上司に相談しやすい職場環境がいいです」と答えられたら「どのような環境や機会があれば上司に相談がしやすいですか?」と詳しく聞いてみましょう。

そのやりとりを通してこの会社は若手社員に配慮をしてくれる働きやすい職場なのだというイメージを与えるはずです。
このように重ねて詳細を問うと表面的ではない実際に職場環境の改善に努めていこうという姿勢を伝えることにもなりますし、実際にも役に立つような貴重な意見が聞けるかもしれませんね。

逆質問を効果的に活かす

面接で最後に聞く「最後に聞きたいことはありますか」と学生に聞く逆質問ですが、ここも学生に好印象を与えるチャンスです。
学生の質問に対する回答を通して自社のアピールをすることはもちろんですが、この会社だからできること、この会社に入ってよかったという話に繋げられるとよいですね。

これは面接での最後の場面になるので最後に学生にとって魅力的な形で話を終えると会社の好印象をずっと維持することができます。
それまでは緊張の場面だったのが、ここでの回答の際は親しみやすい感じにした方が学生も本音で聞きやすいでしょう。

学生によっても最後の質問はアピールの場ですが、会社にとっても絶好のアピールの機会だということを覚えておいて下さい。

面接の印象は内定辞退を左右する

面接ではある程度長い時間会話をするので、面接で話した印象で会社のイメージは固まっていきます。
面接の際、学生の優劣を見極めることは大切ですが会社自体も学生に評価されているということを忘れないようにして下さい。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top