採用担当の教科書

新卒採用の面接で必ず聞いておくべき 3つの質問

threetimes

長かったセミナー準備や採用の活動の企画などを経てついに学生と直接話せる段階まで来ました。
中途採用と違って新卒の採用はより多くの学生との面接を予定している会社も多いのではないでしょうか。
面接の時間は限られています。限られた時間でより多くの情報を引き出すために、面接ではどんな質問をしておくべきなのでしょうか。

同業他社の中でもなぜ当社を選んだのですか?

これは会社側としては最も気になる質問でもあります。
とりあえずこの業界ならどこでもいい、そう思っている学生は内定を出しても他社に行ってしまう可能性が大きいです。
この質問にきちんと答えられる学生はきちんと企業研究をしている学生です。そういった意味で、あなたの会社への本気度がわかる極めて重要な質問になります
学生にとっては同業他社の比較は難しいため、しっかりと返答ができれば、同業他社の中でもあなたの会社の良さを知った上で受験しているといえるでしょう。
この質問にしどろもどろな学生はきっと、業界だけを見てあなたの会社を受けているに違いありません。

あなたはなぜこの仕事を希望しているのですか?

昨今では若者の高い離職率が問題になっています。それを少しでも防ぐために入社前に会社の仕事内容についてよく知ってもらう必要があります。
この質問に対する答え方でこの学生が仕事の内容をどの程度わかっているのかが浮き彫りになると思います。
このときにとんちんかんな答えをする学生は仕事内容についてよく理解できていません。
働いてから想像していたのと仕事内容が違ったと言って退職してしまう可能性が高いかもしれません。
また、更にこの質問の後に「この仕事は○○なことがありますが、それでも大丈夫ですか?」などと、その仕事で大変な部分について聞いてみましょう。
口ではどの学生も大丈夫ですと答えるかもしれませんが、その反応で学生がその仕事について行けるのかどうかは大体見えてくるものだと思います。
「未経験ですが頑張ってみます」とか、「足りない点を努力して補います」とか前向きなコメントを嘘っぽくなく話せているなら見込みがある学生かと思います。
面接は学生の事を知るばかりの場ではありません。
会社のこと、仕事のことについても知ってもらう機会でもあるのです。
こういう質問の中でも学生に情報を与えることによって、学生はよりあなたの会社を理解した上で入社を決めることになるのです。
うわべだけの情報しか与えず、入社してから退職なんてことにならないように、ある程度選考の進んだ学生にはこういったつっこんだ質問をした方がよいと思います。

他社の選考の進行状況を教えて下さい

これは必ず聞いておいて下さい。
採用活動も終盤になってくると、当初の予定人数に内定者数を合わせて行かなければなりません。
内定を出し渋り、せっかく出した内定者に次々と辞退されてしまっては大変です。
学生は本音を言わないかもしれませんが、進行中の会社への志望度も聞いておきましょう。
志望度が高い会社について、受かってもそちらには行きませんとはっきりとした嘘を言える学生はそんなにいないものです。
「こちらが決まったら御社と比べて検討したいです。」など口を濁した形にはなると思いますが、他社の方の志望度が高いような雰囲気で答えてくれるはずです。
他社の結果が出るのはいつ頃なのか、他社への本気度の方が高そうなのか、専用の記録シートを作って他社の選考状況は確認した方がよいです。
内定を出すときにそのシートを確認しながら、いつごろまで返事を待つのかなどの相談をするとやりやすいです。

 必須の質問は必ず記録すること

会社側の方も多くの学生を面接するので、どの学生がどうだったのか忘れてしまうこともあるでしょう。
また、じっくり聞いているうちに時間が来てしまい他の学生にあまり時間をまわせないこともあるかもしれません。
面接は人対人のことなのでそういったことはあって当然です。
しかし、せっかく面接している学生の良さ悪さを見逃さないために、質問すべき項目は必ず全員にきちんと答えを聞き、それを正確に記録しておきましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top