採用担当の教科書

【中小企業向け】中小企業が良い人材を採用しづらい3つの理由

career-compressor

企業において、ヒトの問題がなくなることはありません。
特に中小企業では一人ひとりの能力が、会社の成績を左右することになりますから、おのずと採用にも慎重になりますよね。

しかし優秀な人材ほど、なかなか中小企業に来てくれません

今回は「中小企業が良い人材を採用しづらい3つの理由」に注目し、その理由と解決策について紹介します。
まずは、採用しづらい理由に関してまとめました。

中小企業が良い人材を採用しづらい理由

1.自社の知名度が低い

そもそも自社のことを知らなくては、何も始まりません。
ですが、応募者の多くは御社のことを知りません。
この理由は、決して彼らの努力が足らないからではありません。

自分が応募側だったときを思い返してみてください。
エントリーシートの作成、面接対策、HPのチェックなど、やらなければならないことは無数にありましたよね。
更に新卒採用の場合はこれに学業・アルバイト・対策セミナーの受講、中途採用の場合は、現在の仕事や育児なども関わってくるでしょう。
ですから、必然的に情報収集する時間が不足してしまうのです。

原因を外(応募者)に押し付けるのではなく、「自社の知名度を上げる」戦略を立てる必要があることを、まず理解してください。

2.給与・待遇面で大手に差をつけられてしまう

どうしても大手に給与・福利厚生などで差がつくのは仕方がないことかもしれません。
とはいえ、求職者は目に見えやすい基準として、給与額を基準としているケースも多いのが現実です。
この事実から目をそむけず、給与以外の魅力を創りあげる必要があります。

また、転職者であれば「前職での給与」を比較基準として考えている方も多数いらっしゃいます。
大手企業から良い人材を引き抜く際は、ある程度の費用を覚悟しておいた方が良いでしょう。

3.キャリアが見えづらい

「中小企業=安定性が低い」と一概に言い切れないことは、徐々に応募者にも浸透しつつあります。
(皮肉にも、大手企業が倒産することで、この意識は高まっているようです)
ですから、この点について過度に心配する必要はありません。
問題となるのは「キャリアパス」です。

就職することでどのようなキャリアが描けるのか、不安に思っている応募者はたくさんいます。
その際に大手企業だと、先輩社員が数多くいるほか、人事制度がしっかりしていますから、安心して働くことができます。
しかし、中小企業では経営状況や拡大に応じ、頻繁に制度の変更を行うこともありますよね。
これを嫌がる応募者も多く存在することを、知っておくとよいでしょう。

人材採用のためにできる3つの施策

中小企業が良い人材を採用しづらい理由をまとめさせていただきましたが、そのためにどう動くかが大事です。
最後に、上記の課題を解決するための施策を3つ紹介します。

1.自社情報を複数の経路で発信する

最初に、自社のことを知ってもらわないことには、採用活動が始まりません。
なるべく多くの経路で、自社が検索できるようにしておきましょう。

自社HPに採用情報をつくることはもちろん、採用ナビサイトも検討しましょう。
コストをかけたくない場合は、あえて大手サイト以外に積極的に登録するのも一つの方法です

■参考記事:『リクナビ・マイナビ以外のナビサイト5選』

加えて、SNS(フェイスブックやツイッター)での情報発信も行ってみるのも手段のひとつです。
古典的ではありますが、ブログに情報を集めることも有用です(SNSと違い、読み返すのが容易です)

2.給与以外の魅力をつくる

中小企業が一番ネックとなる、給与面。
もちろん、ここを改善することができれば理想ですが、必ずしも給与を改善する必要はありません
他の部分で“自社に就職するメリット”を創りあげればいいのです。

例えば労務環境。
「ソリューション営業」などと称して、労働基準法を破ってサービス残業をさせている企業は、大手の中にもたくさんあります。
その環境を変えたいから転職を検討している人も多数いることを踏まえ、「自社は労基法をしっかり守っています!」と伝えます。
結果的に、「優秀だが長時間働きたくない層」が集まってくれるでしょう。

他にも「経営者のカラー」「仕事の幅・自由度」など、ウリにできる部分はたくさんあります。
ぜひ給与以外のメリットを見つけて、言葉にしてみましょう

3.キャリアを一緒に考える機会を作る

中小企業に一生就職しよう、と考えている人は、優秀層では少ないのが現実。

・お店を持つために勉強したい
・大手他社へいつか転職したい
・とにかく20代は厳しい環境で成長したい
など、様々な思惑があります。
そもそも、成長欲求が強いのは、何か目的があるから。

単に「成長しよう!」と発破をかけても、人は動いてくれません
しかし、目的(≒志望動機)をしっかり聞いてあげることが、意外とできていません。
ここが中小企業にとって、強みとなります。

大手企業では働く人数自体が多い為、年2回程度しか行われていません。
しかも人事考課の際に、上司と評価面談を兼ねて話すケースがほとんど。
当然、本音のキャリアプランを話すことは難しいでしょう。

仮に「毎月社長と1時間、将来について熱く語ることができる場所」を必ず設けてくれる企業があるとしたら成長欲求が高い、若者の心に響く可能性が格段に上がります。
従業員が少ないからこそ、経営者が丁寧に向き合うことができることを、アピールしてみてはいかがでしょうか

まずは導入できる施策から!

「どうせ入るなら中小企業より大企業がいい!」
この考え方は、残念ながら今もなお、多くの日本人に浸透しています。
そして、価値観を一企業だけで変えることは、極めて難しいです。

だからこそ「中小企業における採用とは、マーケティングである」と私は考えています。
ただ単に待っているだけでは、応募者は必然的に大手企業に流れてしまいます。

ぜひ中小企業ならではの強みをアピールする、広報戦略を考えてみましょう!
そして、記事の中で「これはいいな」と感じる部分がありましたら、ぜひ導入してみてくださいね。

上田一輝

上田一輝

大学にてバイオテクノロジーを学び、首席卒業。しかし”人の力を生かし、幸せを創る”経営学に興味を持ち、転向。イオングループに入社し、人材管理・店舗マネジメントに携わる。その後独立し、講師として活動を開始。業界最年少ながら研修会社や予備校など、年150回、累計1000回の経験を持つ。また、ボードゲームを用いた研修事業「ナレッジゲームズ」も展開している。詳細はhttp://uedakazuki.com/

Return Top