採用担当の教科書

デートがなければ恋も冷める。就活が恋愛なら、内定者としっかりデートしよう。

内定者としっかりデート

採用活動は内定を出して終わり。というわけではありません。
内定を出し、入社し、定着するまでが大切です。

そう。恋と同じ。
つきあったから終わりではなく、つきあって、デートを重ね、関係性を深めることが大切。

相思相愛で結びついた企業と内定者。
その熱を絶やさないために必要なことをお伝えします。

内定者個人を知る

恋愛において、お互いを知る期間というのは、とっても楽しいものです。
企業と学生の関係においてもお互いを知るということは、とても大切なこと。
選考期間中に意思疎通を図っているものの、限られた時間の中で知ることができない情報もあります。

そこで、採用担当者は、選考の前後で、一人一人と話をし、関係性をつくり、その人の性格や目標等を聞いておくことが大切でしょう。
その中で、企業の情報を的確に学生さんに伝える必要があります。

会社のプラスの面だけでなくマイナスの面も話す

また、その際に、採用担当者から見た企業のプラスの面だけでなく、
マイナスの面や改善した方がいいと思っている点などを、学生さんに話してあげるといいと思います。

採用担当者は、
“会社のマイナスになるようなことは言わない。いいことしか言わない。”
という風に思われています。

採用担当者=会社の窓口です。
採用担当者が、わざわざマイナスになることを言わない方がいい、という意見もあるでしょう。
しかし、ただプラスの面ばかり話す人よりも、
”マイナスの面も含めて、この会社のここがいいと思う!”
というような話ができる人のほうが、人として信頼感が増すのではないでしょうか?

また、一見マイナスに見えるの面でも裏を返せばいい面が出てきます。

例えば、
「今は産休育休の制度を利用している人がいないけど、
今後は自分が先頭に立って社内理解を促し、
産休育休をとりやすく、子育てしながら働ける人が増える会社にしたいと思うんだよね。」

という風に伝えると、自分で制度をつくっていきたい人にとっては、絶好の活躍の場になるとうつるでしょう。
ですので、会社のマイナスと思えることもきちんと伝え、信頼関係を築きましょう。

内定者フォローは恋愛と同じで、信頼関係を築くことがなにより大切です。
具体的なデートプラン=内定者との関係づくりの具体的なアクションに関しては、
内定者フォローのアクション5選をご参考ください。

金子愛

金子愛

法政大学卒業。 2008年株式会社クイック入社。 求人広告営業を経験後、営業企画、研修、新卒採用担当を経験。 企業で働く人や学生と接している中で、“多くの選択肢を知った上で、自分の生き方や職業を選択すること”の重要性を感じ、現在は、千葉県富津市金谷で多世代交流ができるようなコミュニティづくりをしている。

Return Top