採用担当の教科書

地域正社員採用やグローバル版適性テストの導入。求職者に合わせた採用スタイルへ。

採用関連ニュース

新卒採用活動といえば、採用ナビサイトを活用して一括で行うことが当たり前でしたが、その形も徐々に変わっています。
求職者の要望や働き方に合わせた採用手段をとる企業が増えてきています。

今週の「新卒採用の手引き」採用関連ニュースでは、求職者に合わせた採用スタイルを中心に、採用活動に関するニュースを紹介していきたいと思います。

ユニクロ「地域正社員採用」が本格的に実施開始

ユニクロを事業に持つファーストリテイリングでは、4月から地域正社員採用を導入し始めました。
地域正社員の概要は以下の通りです。

「地域正社員」は、転勤がなく限定した地域のみで働くことができますが、賞与や厚生年金などの保証がある制度です。ユニクロはアルバイトやパートなどの非正規社員が3万人と9割を占めますが、今後半数以上を地域正社員にしていきます。

街のなかで出来る仕事を見つけたい、今住んでいる地域から離れたくない、という考えから、転勤したくないと考える人や少なくありません。
そういった人にとって地域正社員採用は、安心して仕事を選ぶことができる機会になるのではないでしょうか。

『ユニクロ “地域正社員”の採用面接』(WBSニュース)

外国人採用の適性テストをどうしていますか?

外国人採用に興味はあるけれども、どうやって適性を図ればいいか分からない。
そういった悩みを抱えている採用担当者のかたは少なくないのではないでしょうか。

グローバル化が進み外国人採用に力を入れる企業はより増えるでしょう。
また、飲食業界やサービス業界では人材不足から外国人採用を強めています。

ですが、採用選考における現行の選考テストは日本人向けであり外国人には適していません。
複数の言語に対応することで、求職者の適性をしっかり図れるグローバル版適性サイトの需要は今後高まりそうですね。

『外国人採用に活用できる グローバル版適性テストをリリース -知能+性格・価値観テスト『3E-IP』』(PR TIMES)

米Amazon傘下のザッポスは求人広告すら使わない

大手採用ナビサイトに対し否定的な企業はありますが、求人広告すら使わない企業は珍しいのではないでしょうか。
米Amazon傘下のザッポスは求人広告を使うことを止め、自社専用のSNS「ザッポス・インサイダーズ」での採用を行うようです。

求職者は「ザッポス・インサイダーズ」というSNSに加わる必要がある。求職者はそこで現役社員と情報交換し、空きが見つかった時点で採用者に目をとめてもらうため、ザッポスに対する熱意をこのSNS上で(ある場合には公にも)示す必要がある。
(中略)
これにより採用担当者はこのSNSグループの中から候補者を探すことに時間を割ける。デジタルQ&A、コンテスト、イベントを通じて候補者の文化的適合性をみる。応募書類による選定から解放され、社員の紹介などのフォローなど、候補者の支援にさらに時間をかけられるようになる。

採用活動の無駄を省き、候補者の支援を充実させることはとても良い施策ですね。

『米アマゾン傘下のザッポス、求人広告をやめSNSで採用』(THE WALL STREET JOURNAL)

メンバーシップ型採用か、ジョブ型採用か

海外から見ると、日本の新卒一括採用は珍しいと言われています。
その違いのひとつが採用観の違いです。

日本では、入社を通じて組織の人間(メンバー)となり、そのメンバー1人1人に仕事が割り当てられていく「メンバーシップ型」採用、欧米やアジアではある仕事(ジョブ)に対し適応する人間を組織の内外から当てはめる「ジョブ型」採用が行われてきました。

最近では、ジョブ型採用に近い形を取り入れる企業は増えていますが、基本的にはメンバーシップ型採用が基本になっていると思います。
転職が増え、人材の流動性が高まっている今、採用観を変えて自社に適した採用スタイルをとることが重要になりそうですね。

『海外から日本の新卒採用が奇異に見える理由――日本と欧米、まったく違う「採用」観』(Business Journal)

参加者の個性を活かしカラオケ採用を実施

JOYSOUND運営の株式会社エクシングでは、うたスキ動画を使って採用活動を実施するようです。

株式会社エクシングでは、カラオケが大好きな才能ある新卒学生を
採用するべく、5月30日より新卒採用試験の一部をうたスキ動画を
通じて行うJOYSOUND うたスキ動画採用を実施致します。

歌うも良し、踊るも良し、演奏するも良し!!
服装も撮影方法も指定はありません。面接やかしこまった選考では見せることが
できないあなたを、 うたスキ動画で自由にPRして下さい!

書類選考やグループ面接を行うよりも、自社サービスを使ってもらいPRしてもらうほうが自社に合った人材を獲得できそうですね。
こういった取り組みはマッチング率向上、離職率低下に繋がる良い施策だと思います。

『JOYSOUND うたスキ動画で新卒採用試験』(JOYSOUND.com)

今週の記事はいかがでしたでしょうか?

採用スタイルが多様化している今、自社にあった採用手段を構築し、より良い採用活動へと繋げていってください。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top