採用担当の教科書

この時期から差がつく!次年度採用活動に向けて今やるべき3つのアクション

次年度採用活動

来春入社の新卒採用活動もそろそろ終わりが見えてきた会社も多いのではないでしょうか。
ほっと一息をつきたいところではありますが、次年度の採用活動に向けてもう準備を始めている会社もあります。
次年度の採用活動に向けて今からできることを考えてみましょう。

次年度に取り入れたい斬新なアイデアを検討する

今年度の採用活動を振り返って反応が弱かった点、追加した方が良い対応などを今から検討しておきましょう。
実際に採用活動の情報公開解禁が始まる頃には選考スケジュールの手配やセミナーの具体的な準備などで一気に忙しくなり、例年通りの内容にあまり変更を加えない形で業務を進めてしまうことも多いです。

まだ時間的余裕があると思われるこの時期に次年度の採用で新たに取り入れる内容について検討していましょう。
今年度の採用より大幅な後ろ倒しが行われるなど、採用市場は常に変化をしておりますので例年通りの対応ではどんどん周りに置いて行かれることになり、満足できる結果が得られなくなるのではないでしょうか。

インターンシップやこれまでとは異なる採用経路の確保、これまでとは違った斬新な体制のセミナーなど、あったら効果的だと思うアイデアをいろいろ考えてみましょう。
その後に実際に実行できるのか、実行するにはどうしたらよいか時間をかけてじっくりと検討していくと良いでしょう。

他社の動向を伺うことで見えてくるものがある

変化の激しい現代の採用活動では他社の動向を把握することも重要なことです。
現在の大学3年生に向けた就職活動用のサイトなどを見てみて下さい。
就職準備と称してもうすでにネットに情報を掲載しているところやインターンシップへのエントリーを開始しているところもあります。

他社がどんな時期にどんなことをやっているのか今のうちから把握しておきましょう。
早期からそのような就職イベントへの参加を考える学生は就職対しての意識が高いと言えます。

早期から新卒採用活動を始めている他社の動向を知ることは、そのような優秀な学生に自社に興味を持ってもらうための方法を考える際の参考になるでしょう。

この時期こそ現場のヒアリングを行う

年度の前半は新入社員の配属がある一方でセミナーや面接への協力を依頼していることもあり、実際に新入社員が配属される現場部門の声をゆっくり聴く時間はないかもしれません。
しかし、これからの時期にこそ現場の社員に時間を取ってもらって、新入社員の様子はどうか、どんな人材に入社をしてほしいのかを聞いてみましょう。

いくら人事の方で学生に企業情報をアピールしたり、説明をし面接をしても入社した社員が実際に配属され、毎日通う場所は実際の職場なのです。
現場の声をじっくり聴く機会を設けることで、学生へのアピールに必要な新たな要素が見えてくる場合もあるでしょう。

採用は現場の声を反映させることがいかに大切かということをこの時期にぜひ実感して下さい。

採用活動は途切れることがない

新卒採用活動は情報公開開始や選考解禁の指針もあり、ある程度年間でのスケジュールの流れが決まっている業務でもあります。
しかしながら、閑散期にもやるべきこと、閑散期こそできることがあります。

採用活動をより実りのあるものにするために、その時期にできるべきことにぜひ積極的に取り組んで行くようにしましょう。
新たな課題に取り組むことこそが他社へ差をつけるために第一歩にもなるのです。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top