採用担当の教科書

オンライン会社説明会のメリット・デメリットとは

オンライン説明会

ソーシャルメディアが普及し、Webカメラが普及した今、色々なことが映像で配信できるようになりました。
新卒採用活動でもそれは活かされ、現地に行かなくても会社説明会に参加することができるオンライン説明会があります。

そもそも、オンライン説明会とはどのようなものなのでしょうか?以下の説明を見て行きましょう。

「オンライン会社説明会」は、ソーシャルメディアを活用した企業の採用手法の一つで、就職活動中の学生を対象にウェブサイト上で開催される採用説明会のことです。インターネット環境さえあれば、いつでもどこでもパソコンやスマートフォンなどの情報端末から“参加”でき、学生が企業の担当者にリアルタイムで質問したり、逆に企業側から学生にアンケートをとったりすることも可能。時間や距離の制約にとらわれず、企業情報をより幅広く、効率的に受発信できるツールとして注目されています。
日本の人事部より

これから活用の幅が広がることが想定されますね。
今回は、そんなオンライン説明会のメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

オンライン説明会のメリット

    • 1、遠方の学生も参加できる

なんといっても1番の利点は、地方や海外にいる遠方の学生が、インターネット環境さえあれば参加できるということでしょう。
学生が、今まで諦めていた会社説明会に参加することができます。

    • 2、双方向のコミュニケーションがとることができる

チャット機能等が充実している今、説明会中に学生からの質問を受け付けることができます。
単なる映像配信ではないので、リアルタイムで学生の疑問を解消することができます。

    • 3、より多くの学生と出会える可能性が増える

オンライン説明会をしているなら、合間の時間を利用して参加してみようかなと、オンライン説明会を活用する学生も多く、さらに通常の説明会のように席に限りがるわけではないので、多くの学生と出会える可能性が広がります。

オンライン説明会のデメリット

    • 1、配信についての知識や機材がいる

インターネット配信が随分手軽になったとはいえ、ある程度のクオリティを担保して配信を行うためには、知識や機材が必要になります。
他の事業でも利用する場合はいいですが、オンライン説明会だけのために機材を用意するのは難しいという企業も多いでしょう。

    • 2、雰囲気が全て伝わるわけではない

その場に行かなくてはわからない社員の対応などが全て伝えられるわけではないので、会社説明会で伝えたい雰囲気を全て伝えることは難しいです。

    • 3、説明会が夜型になってしまう可能性がある

オンライン説明会は、場所を問わず参加できるところがメリットでもありますが、家等で落ち着いて参加したいという就活生も多くいます。
日中は学校や就職活動で動き回っている就活生の意見を聞くと、オンライン説明会に参加するのであれば、夜がいいという意見もあります。
となると、夜型の説明会になってしまうので、採用担当者に負担がかかる等の懸念もあります。

メリット・デメリットをしっかりと把握し導入する

人数制限なく、多くの人に参加してもらえるオンライン説明会。
コスト削減になることも多いと思いますが、実際に、機材等をきちんとそろえて配信するためには、お金もかかり、担当者が知識を習得しなくてはなりません。
どこに力を入れるかメリット・デメリットをふまえ、社内でご検討ください。

金子愛

金子愛

法政大学卒業。 2008年株式会社クイック入社。 求人広告営業を経験後、営業企画、研修、新卒採用担当を経験。 企業で働く人や学生と接している中で、“多くの選択肢を知った上で、自分の生き方や職業を選択すること”の重要性を感じ、現在は、千葉県富津市金谷で多世代交流ができるようなコミュニティづくりをしている。

Return Top