採用担当の教科書

就活におけるオワハラとは?人事がオワハラと言われないための注意点

オワハラ

オワハラという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
オワハラとは「就活終われハラスメント」の略で、内定辞退をさせないために自社での内定を出すからもう就職活動を終えるように学生に強要する行為のことです。

これは最近の就活から広まりつつ言葉や行為であり、学生たちは「オワハラ」に遭わないかヒヤヒヤしながら就活をしています。
どんな行為がオワハラと呼ばれるのか、オワハラと言われないための注意点についてご説明していきましょう。

他社の内定辞退の強要はオワハラとみなされる

オワハラの行為として代表的なのが他社の内定辞退を迫ることです。
ひどい場合には内定を与える代わりに面接の場面で今からここで他社に電話をして内定を辞退するように強要する場面もあるそうです。
ここまでさせた会社に学生は良い印象を抱くでしょうか?
モチベーションが下がった状態で入社してもらっても活躍できる新入社員にはなれるとは思えませんね。

もちろん会社としては内定辞退を避けたいですし、確実に自社に来てくれる学生のみに内定を出したいところですよね。
それでも学生には職業を選ぶ権利がありますし、オワハラと思わせるような行為をしただけでネット上によくない評判を書かれる可能性もあります。

他社の内定辞退を迫るようなことはしないようにしましょう。

遠まわしにでも強要していると取られる場合がある

今後就職活動を一切やめるように強要することももちろんオワハラと思われてしまいます。
「当社で内定を取ったら今後一切他の面接は受けませんか」といった質問が遠まわしなオワハラになるということですね。
この質問も学生を追いつめてしまうことにもなり、オワハラと受け取られてしまうのでしない方が賢明です。

もちろん他社の内定状況や選考状況を聞いて確認しておくことは重要ですが、ここで学生の就職活動を阻害したり指定したりするようなことは言わないようにしましょう。
学生は自分が満足するまで自由に就職活動を行う権利があることは忘れないで下さい。

多少の内定辞退は出るものと見込んで今後の採用計画を考えるようにしましょう。

必要以上の拘束もオワハラに当たる

極端な例ではありますが、面接を毎日行ったり、他社の面接に行けないくらい研修などで学生を会社に呼びつけたりするのもオワハラの行為にあたります。
食事会が頻繁すぎるのも学生にとって断りにくい状況を作ってしまうので学生を追いつめてしまいことに繋がります。

このような行き過ぎた行為は学生にも不信感を与えることにも繋がり、かえって内定辞退数を増やしてしまうのではないでしょうか。
内定を出した学生へのフォローや研修などで会社に呼び出している時もスケジュールが頻繁すぎないか、就職活動を阻害していないかに注意して行うようにしましょう。

学生には納得した上で入社してもらうことが大切

大量の内定辞退が予測される今年度の採用活動では学生を引き止めるために様々な手法を使いたくなりますが、学生が内定を断れない状況で泣く泣く自社に入社してくるのでは意味がありませんね。

学生が十分納得する就職活動をした上で自社への入社を決めることができるように配慮をしましょう。
その方がモチベーションの高い新入社員が入社してくることに繋がります。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top