採用担当の教科書

もう無視できない!内定者の親への配慮の仕方

parents-how

最近の新卒採用では「オヤカク」という言葉があるのはご存知でしょうか。
オヤカクとは「親にこの会社に入社することについての了承を得ているのか」という確認のことです。

今、新卒採用ではこのオヤカクが大切になりつつあります。
親への配慮が必要な背景とその配慮の方法について紹介していきます。

内定辞退の原因が「親の了承が得られないこと」が多い

最近の内定辞退の理由には大手志向の親の了承が得られないから、という事例が多く出てきています。
親の反対を無視してまで会社への入社を強行できない学生が多いというわけですね。

バブル崩壊後の不況のせいか、今の学生の親世代は大手志向が多いです。
自分が良く知らない会社に子供が入社するということを快く思わない親も多いです。

採用担当者の年代の人間にとってはそんな親を説得できないような学生はいらないという気持ちにもなりますが、現代の学生への親の影響力は無視できないのが現実です。

面接で親に確認が取れているのか聞いておくことが大切

最終面接で親に入社することについての確認は取れているのか、質問の必須事項として加えておくことをお勧めします。
この段階でまだ親に説明していないということであれば内定辞退の可能性も高いからです。

実際に内定が出てから親から会社に電話がかかってきて不安要素を確認される、親から内定辞退の連絡が来ることもあるのが現代の新卒採用なのです。
そうならないためにも面接の段階で親に状況を説明しているのかを確認するのは現代の新卒採用では必要不可欠です。

親にも入社前に何らかの配慮をしていこう

会社にもよりますが、内定者の親に贈り物をする、親対象の説明会を開く、入社式に親を呼ぶところもあります。
そこまではやりすぎと考えても、内定が出てから親への案内や説明資料を送るという配慮はあってもやりすぎではないでしょう。

新卒採用の市場は刻々と変化しています。

そんな親に自分のことを説得できないような学生はいらないという考えの会社もあるでしょうが、現代の流れに置いて行かれないように気を付けましょう。

親の存在は無視できない時代に

現代では親対象の就職セミナーも開かれる時代です。
親への配慮は現代の新卒採用では無視できない大切な事項となっています。

特に親が不安を抱きやすい中小企業やベンチャー企業の方はこの「オヤカク」を検討してみて下さい。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top