採用担当の教科書

【新卒採用向け】採用媒体や採用支援サービスの選び方6パターン

新卒採用担当者必見!採用媒体や採用支援サービスの選び方6パターン

新卒採用という仕事は、採用担当者や採用チームだけでは終わりません。
外部の求人媒体や採用支援サービスを活用し、自社社員に面接や教育の協力をすることでようやく成功する、大きなプロジェクトです。

もし、あなたの会社が新卒採用を数年経験してきており、今年も例年通りの採用活動を実施するならば、今までどおりの社外サービスの活用を続けて、あとは社内調整に注力ができるかもしれません。

けれども「新卒採用がはじめて」「今年の採用方針が大きく変わった」「新しい採用方法について考えたい」となったときに、どんな社外のパートナーと付き合うかは、プロジェクト成功の重要なポイントになります。

この記事では具体的に、どんな課題に対して、どんな社外のパートナーを選べばいいか、採用の悩みごとにパターンを分けて説明していきます。

外部パートナーの選び方6パターン

今回は採用課題6パターンにおける、外部パートナーの選び方を提案します。

  • 1.ナビサイトへ求人を掲載したい場合
  • 2.初めての新卒採用の場合
  • 3.大量のエントリーを集めたい場合
  • 4.地域や業界採用に特化したい場合
  • 5.同業種の中でも目立った採用活動をしたい場合
  • 6.少人数の採用からスタートしたい場合

1.ナビサイトへ求人を掲載したい場合

媒体社または販売代理店のパートナー

初めてナビサイトに掲載する、または掲載サイトを見直したい場合。
求人サイトを運営している『媒体社』か、または『媒体の販売代理店』にお問い合わせするのではないでしょうか。

例えば、マイナビやリクナビなどを運営している媒体社をパートナーに選ぶならば、運営元ならではの値引きや機能活用に期待できますね。
また、マイナビやリクナビの掲載枠を販売しているのが、販売代理店になります。
それぞれの代理店ならではの得意分野(業界や制作力など)があるので、自社の採用方向性にぴったりのパートナーを見つけて代理店と一緒にナビ掲載をする、という選択肢もおすすめです。

2.初めての新卒採用の場合

制作力や組織教育力のあるパートナー

初めての新卒採用は、会社をどうやって学生に伝えるか、という、コンセプトの設計や伝え方が大切です。
求人広告・会社パンフレットなど数多く手がけた実績のある制作力のある採用支援事業会社がいいでしょう。

また、社員の初めての面接準備は何が必要か、採用した新入社員をどう育成していくかという、教育の設計も大切です。
既存社員のフォローアップや、新人教育プログラム作成のサポートなど、組織全体に対しての教育ができる採用支援会社を見つけましょう。
例えば、株式会社カケハシ スカイソリューションズでは、採用ツール作成から組織強化・社員研修まで幅広くサポートしています。

3.大量のエントリーを集めたい場合

アウトソーシングも可能なパートナー

採用目標人数が数十名〜百名規模になってくると、そこに至るまでの応募者管理も数千〜数万単位になります。
この大量のエントリーを管理するときに、社内で採用チームが構成され人数がいるならばいいのですが、そうでない場合はアウトソーシングもお願いできる採用支援会社に頼るのがいいでしょう。

ナビをつかった学生情報管理や説明会の受付などの細かな業務をアウトソースすることで、業務の多い採用担当者の負担も減るのではないでしょうか。
例えば、株式会社ディスコは、日経就職ナビの運営だけでなくアウトソーシング事業のサービスもあります。

4.地域や業界採用に特化したい場合

各地域/業界に特化した媒体契約ができるパートナー

地域採用に特化した新卒求人媒体や、業種・業界に特化した求人サイトは、登録学生のニーズも明確なことが特徴です。
大手ナビサイトでも地域や業界の傾向があるので、各社担当者に問い合わせてみましょう。

自社採用のターゲットに合った媒体選びは、少人数のエントリーでも採用につながる方法の一つ。
各種媒体の運営者・または販売代理店に相談しましょう。
例えば、静岡新聞社の運営する「就職のかんづめ」のような地域密着型のナビや、体育系学生の採用に特化した株式会社アスリートプランニングなど、各社それぞれに強みがあります。

5.同業種の中でも目立った採用活動をしたい場合

ユニークで新しい試みをしているパートナー

ソーシャルメディアの活用からリアルイベント開催まで、ここ数年は各社様々にユニークな採用サービスが誕生し、運営されています。
新しい取り組みを採用に取り入れることは、学生にはチャレンジングな企業という印象を与えるため、採用競合他社から一歩飛び抜けるチャンスです。
スカウト型、イベント型などサービスの特徴によって、登録している学生の傾向は違っているようなので、詳細は各サービスにお問い合わせするのが一番です。

自社の採用課題を見つめ直して、自社のイメージと合う、または自社のイメージを塗り替える取り組みができる採用サービス事業会社を見つけましょう。
例えば、株式会社ソーシャルリクルーティングはSNSを活用して、学生向けのイベントやセミナーの告知をするため、ITに強いベンチャー志向の学生を数多く集めています。

6.少人数の採用からスタートしたい場合

新卒紹介を行なっているパートナー

少人数の採用でいいならば、採用予算は成功報酬型の新卒紹介に割くのも一つの手段です。
自社のことをしっかり理解してくれる担当者がいる企業は、紹介学生の精度も高く、面接後の採用もスムーズにすすむでしょう。
また、学生一人ひとりの特徴をつかみ、面談やトレーニングの後企業紹介をする、丁寧に学生を紹介するカウンセラーのいる企業に巡り会えたらならば、少人数採用でも満足のいく採用ができるのではないでしょうか。

こちらは「有料職業紹介事業」を取得している企業で行なっていることが多いです。
採用したいタイプの学生を多く集めているサービスがあれば、運営会社に直接、紹介サービスがないか問い合わせるといいのではないでしょうか。

心強いパートナーに出会いたいならば

上記で紹介したパターンは、採用状況によっては複数重なることももちろんあります。
また、自社の採用方針はどのパターンにするのがいいのか、といった計画段階からご相談されたい場合もあるはずです。

まずは相談からスタートしてみましょう。

まずは、今お付き合いしている外部パートナーや、新しく問い合わせするパートナーに、今抱えているお悩みを相談してみてください。
熱心な担当者であれば、自社でできる限りのサービスの提案や、他者の参考になるサービスについても教えてくれるでしょう。
そうして採用担当者に寄り添って考えてくれる担当者であれば、ニーズが合致して仕事をお願いするときに、きっと心強いパートナーになります。

そもそも、そういったパートナーはどこで探したらいいのでしょう?というお悩みでしたら、ぜひ「新卒採用の手引き」までご相談ください。
貴社の採用計画に合わせて最適な採用媒体選びや採用手法のご相談にのらせていただきます。

お問い合わせは下記バナーからお願いいたします。

天池知子

天池知子

2011年株式会社カケハシ スカイソリューションズ入社。 就活サイト「ミートボウル」の立ち上げ運営に携わり、学生広報を担当。 2012年「就トモCafe」の社会人バリスタとしてボランティアで運営。 現在はフリーランスとしてメディア運営・ライティングに携わる。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top