採用担当の教科書

中途採用面接で応募者を見抜くための3つのポイント

market-compressor

中途採用面接をするにあたってどのような質問をして人材を見極めるのかは難しいところですね。
新卒採用とは質問内容も変えていく必要があります。

また受ける方も社会人経験もありますし、面接も慣れているかもしれません。
中途採用面接で騙されないためのポイントについて解説していきましょう。

何でも大丈夫ですと答えるのは真偽を確かめる必要あり

中途採用面接では即戦力を求めている場合が多く、「この仕事はできるのか?」「この仕事は経験があるのか」といった質問をすることも多いでしょう。

そんな時にどんな質問にでも「大丈夫です」と、しかも自信満々に答えるのは本当に大丈夫なのか確認する必要があります。
中途採用ともなると受ける側もしたたかになり、実際に経験のないこともあるように答え、あとは入社してから何とかなると考えている人も出てきます。

そうったいケースでは、どう大丈夫なのかを具体的に尋ねてみましょう。
「その仕事に関しては前職で○○の担当を○件、○年ほど担当していたので経験があります」と具体的な答えが返って来るようであれば嘘ではないと安心できますね。

同じ職種の経験でも詳細な質問が必要

募集職種と前職での経験が同じような職種でも会社の業界や規模によっては全く異なった部分しかやっていない可能性も考えられます。
同じ職種だからと安心せずに実際はどこの部分のどのような業務をしていたのかを詳しく聞いてみましょう。

そうすればこの部分は経験があるが、この部分は新しく覚えてもらう必要がある、もしくは使用しているソフトが異なるなど入ってからどの部分を新しく覚えてもらうかが明確になります。

入社してから何でも一から覚えるのでは即戦力を求めている場合には適しませんので、入社後にお互い困らないためにも前職の経験については詳しく聞いておきましょう。

大切なのは採るべき人物像を明確にすること

入社後のミスマッチを防ぐためにも、どこまで同種の経験のある人が必要なのかを前もって明確にしておきましょう。
この部分は未経験でもすぐに覚えられるものなのか、配属予定の部門の直属の上司などにも確認してどのような人材が必要なのかをきちんと把握した上で面接するとよいです。

どのような人材を採るための中途採用なのかが明確なのであれば面接などの質問事項や採用基準も明確な上で選考することができます。
また、入社してから想定していた戦力を得られなかったということを防ぐこともできますし、応募した側も入社してから話が違うということにもなりにくいですね。

中途採用でも求める人物像を明確に

中途採用は新卒採用と比べて準備に時間もあまりかけられないですが、入社してから長続きしないので再度採用するとなるとまた二度手間にもなります。

選考前にできるだけの準備をして面接を実施するようにしましょう。
また、応募者にもできるだけ自社のことをよく知ってもらった上で応募をしてもらえるように工夫できるといいですね。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top