採用担当の教科書

採用担当者におすすめ。会社説明会で取ったほうがいいアンケート設問例

アンケート内容

新卒採用活動の際に行う説明会では、今後の説明会や選考、来年以降の説明会に活かすためにもアンケートは必ずとった方がいいといえるでしょう。
今回は、どんなことを会社説明会のアンケートで聞けばいいのか、についてお伝えします。

1.会社を知った経緯

学生がどこから会社を知り、説明会に参加することになったのか?という経緯を知ることは大切です。
これを聞くことにより、今後どのような広報に力をいれていけばいいかがわかります。

設問例:当社をお知りになった経緯をおしえてください複数回答可)

  • 新卒採用媒体(リクナビ/マイナビ/その他)
  • 新卒採用媒体でのスカウトメール
  • 採用HP
  • ソーシャルメディア(twitter/Facebook)
  • 大学の就職課や求人票
  • 合同説明会
  • 友人・知人・親などからのすすめ

2.説明会の中で最も印象に残っているコンテンツ

どのコンテンツが1番印象に残っているかを聞くことにより、力を注ぐポイントがわかります。

設問例:本日の説明会で、最も印象に残っているプログラムは何ですか?

  • 会社案内ムービー
  • 社長による今後のビジョンについての話
  • 先輩社員の話
  • 募集要項についての話
  • その他
  • その理由を具体的に教えて下さい。 

ここでの回答は、会社説明会に出てくれた社員への感想は、本人にフィードバックしてあげると協力してくれた社員のモチベーションアップにもつながるので、きちんと共有しましょう。

3.興味がある業界/企業/職種を聞く

「説明会に来ている学生がどんな業界や企業や職種に興味をもっているか?」
ということも聞いておいた方がいいでしょう。

自社とは全く違った業界や職種を希望している場合があります。
ベンチマークしていなかった意外な企業が競合になっている可能性もあるので、自社の立ち位置を知ることができます。

設問例:興味がある業界/企業/職種はなんですか?

4、企業選びの際に重視している点

「学生がどんなポイントで企業を選んでいるか」を聞くことは、採用広報する際に、何を1番に伝えるべきか、を考える上で大切です。

設問例:会社選びの際に最も重視することは何ですか?

  • 事業内容
  • 仕事内容
  • 会社・社員の雰囲気
  • 企業規模・福利厚生
  • その他(                          )

最後に質問や感想を自由に記述できる設問を用意しておくことは忘れないようにしましょう。
そのなかで出た意見を活用して、学生のニーズに合った説明会を開催していくといいです。

金子愛

金子愛

法政大学卒業。 2008年株式会社クイック入社。 求人広告営業を経験後、営業企画、研修、新卒採用担当を経験。 企業で働く人や学生と接している中で、“多くの選択肢を知った上で、自分の生き方や職業を選択すること”の重要性を感じ、現在は、千葉県富津市金谷で多世代交流ができるようなコミュニティづくりをしている。

Return Top