採用担当の教科書

【中途採用を考えている企業向け】採用面接における書類選考のチェックポイント

書類選考のチェックポイント

中途採用を実施する際には面接する人物を絞るため、書類選考でかなりの人数を絞る会社も多いことでしょう。
新卒採用と違い、多くの人数を面接することは難しいのが現状です。
中途採用の際の書類選考のチェックポイントにについてご説明していきましょう。

浪人/留年/失業の期間はあるか

履歴書の学歴の部分をあまり見ないかもしれませんが、よく見てみると浪人や留年をしているか分かるはずです。
社会人として仕事をする際には関係のないことかもしれませんが、会社によっては必要なチェックポイントではないでしょうか。

また職歴が複数ある場合や期間が空いている場合は、失業期間に何をしていたのか面接の際に必ず聞いておきたいところです。
空いている期間がたくさんある場合は真剣に転職活動をしていない、もしくはしていても中々決まらない状態だったということが窺い知れますね。
このように見ていると経歴だけでもその人の人物像が見えてきます。

職歴に一貫性はあるのか

職歴が複数ある場合にその経歴に一貫性があるのか、という視点で見てみましょう。
経験社数が多いから根性がない、とは決めつけない方が良いです。
現代では以前と違って年功序列、終身雇用制度が確立されていません。
会社に長くいれば給料が上がって出世するということも保障されていません。

そういった中でいろんな会社でスキルを得てキャリアップをしている人も多くいます。
同じような職種で着実に経歴を積んでいるのかもしれませんので、経験社数が多いからと書類選考で落とすのは勿体ないです。
ぜひ面接に呼んで、どんな経過で経験社数が多くなったのかを聞いてみましょう。

そこに一貫性があれば明確なキャリプランの元に転職を繰り返した結果であり、今では多くのスキルを保有しているのかもしれません。

自社で役に立つ経験スキルはあるか

職務経歴書を見る際に募集している職種と共通する事項があるのか、どこの会社でも確認しているでしょう。
それでも一見、違う職種でも共通するスキルを取得している場合もありますので、経験職種が募集職種と違ってもよく見てみるようにしましょう。

例えば営業を募集している際に、営業の経験はなくとも接客業を経験していればお客様の対応スキルは高いかもしれません。
また、経験年数が長いことにより役職についてクレーム対応などをしていれば営業にも役に立つスキルを持っていると言えるのではないでしょうか。

逆に一見同じ職種でも会社の規模や配属部署の役割により全く違う仕事内容しか経験していない場合もあります。
面接に呼ぶ価値があるかどうかは、職務経歴書をよく見て判断するようにしましょう。

書類選考の段階でよく見極める

中途採用では新卒採用ほど時間や手間をかけられない場合も多いのではないでしょうか。
面接に割く時間も限られてきますし、ポテンシャルよりは経歴やスキルなどで判断することも多いので書類選考にぜひ時間をかけて見極めるようにしましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top