採用担当の教科書

誰を採用担当に選べばいい?採用担当に向いている人の5つの特徴

saiyoutantomuki

新卒採用をはじめようとするときに、誰を新卒採用担当にするか、迷うこともあると思います。
ベンチャー企業で創業者が採用業務を行っている場合も少なくありません。
創業したての頃は、創業者やメンバー全員で採用を行う時期はあるものの、会社の規模が大きくなるにつれ、採用業務も他の社員に任せていく必要があります。

とはいえ、誰に任せるのがいいか判断が難しい、と感じる人も少なくないはず。
そこで今回は、新卒採用担当に向いている人の特徴を5つお伝えします。

1.人前で話すのが得意

新卒採用担当者というのは、会社の顔です。
会社の代弁者として、説明会など多くの学生の前で、司会をしたり、自社の説明をするなど、大勢の人の前で話す機会がとても多いです。
ある程度慣れや訓練も必要ですが、人前で話すのが得意、緊張しにくい、プレゼンがうまい人のほうが向いていると言えます。

2.親しみやすい

新卒採用担当者は、学生と1番近い距離でコミュニケーションをとる存在です。
選考途中の学生の悩みや不安を引き出し、その悩みや不安を会社の特徴で解決できる方法を提示し、学生の志望度を上げることができる重要なポジションです。
それは選考だけでなく、内定者フォローにおいても役立ちます。
日頃から人の相談にのっていたり、皆から頼られる存在の人というのは、採用担当に向いていると言えます。

3.自分の中でやりがいを見つけ、目標設定ができる

採用活動は地道で長い活動になることも多いです。
採用目標はありますが、思い通りにいかないことも多く、採用の目標数字だけ追い求めるわけにもいきません。
社内からの評価をすぐに得られるものでもありません。
会社の未来を担う一大プロジェクトだという認識を持ち、自分の中でやりがいを見つけられる人の方が、採用担当に向いていると言えます。

4.体力がある

採用担当は多岐にわたる業務を同時並行しなくてはいけません。

  • 午前と午後と夜と1日3回会社説明会をする
  • 仕事の合間に人事ブログを更新する
  • エントリーしてくれた学生に対応する
  • 面接日時の設定をする
  • 選考した学生に対して合否連絡をする

など、採用活動のピークになると仕事量が特に増えます。

時期的に風邪を引きやすい時期に忙しさがピークになりますが、人前に出て話すことも多いので、体調管理もかかせません。
体力があり、いろいろな業務をこなせる人の方が、採用担当に向いていると言えます。

また、専任担当ではなく兼任の場合は、時期に応じて忙しくなる採用担当をフォローする存在も必要かと思います。

5.新卒採用の意義を共有できる

新卒採用とは、未来への投資です。
そういったことを理解し、今後の会社の成長を考え、どういった人材が今後一緒に会社を成長させていける存在か?というのを経営陣と一緒に考え、積極的に学生にアプローチできるような人が、採用担当に向いていると言えます。

職種で言うと、営業職の人は当てはまりやすいかもしれません。
自社の顔となり学生に企業の魅力をPRする採用担当は、会社の未来を担う人材を採用する上でとても大切なポジションです。
「どんな人が自社の顔となるのか?」をよく考えたうえで、採用担当を選出しましょう。

金子愛

金子愛

法政大学卒業。 2008年株式会社クイック入社。 求人広告営業を経験後、営業企画、研修、新卒採用担当を経験。 企業で働く人や学生と接している中で、“多くの選択肢を知った上で、自分の生き方や職業を選択すること”の重要性を感じ、現在は、千葉県富津市金谷で多世代交流ができるようなコミュニティづくりをしている。

Return Top