採用担当の教科書

新卒採用活動はいつ終了すべきか。内定辞退が落ち着く時期とそのタイミング

term-end

8月に入り内定辞退も出始め、内定式まで2か月を切った今でも新卒採用の活動をいつ終了したら良いのか困っている会社も多いのではないでしょうか。
新卒採用活動の終了とはいつ頃言い切ればいいかタイミングが難しいですよね。

今回は内定辞退が落ち着く時期と新卒採用活動終了のタイミングについてまとめます。

8月は内定辞退が出始めるピーク

8月1日の選考解禁により大手企業が本格的に選考を開始しました。
実際に8月1日以前に内定を出している会社も多く、既に内定を取得している学生は半数以上になります。

これまで内定を取っていてもそれらを本命に落ちた際の保険と考えている学生も少なくありません。
8月以降に本命の大手企業の内定が取れたことにより、それまで内定を取っていた会社の内定を辞退するという流れがここへきて一気に出てくるでしょう。

お盆休みを挟むとはいえ8月いっぱいは内定辞退がある程度出ることが予想されます。
内定式の準備は並行して進めることにはなりますが、人数がある程度減ることは覚悟しておきましょう。

内定式までにどれくらいの内定辞退が起こるのか

内定式までどれくらいの辞退が起こるのかと言ったことは会社にもよりますが例年よりは多数出ると考えてよいのではないでしょうか。
8月1日以前の内定辞退数よりも8月1日以降の内定辞退数が多くなることも予想されますね。

多ければ半分位以上は内定辞退が出ることも覚悟しておきましょう。
その際に足りない人数をどのような方法で埋めるのかも検討しておく必要がありそうですね。

内定式の時期までは内定辞退がある程度起こることが予想されますが、逆に内定式以降はかなり落ち着いて来るはずです。

卒業間近の辞退も起こりうる

内定式が終わる頃には内定辞退も落ち着き、追加の募集をする予定がなければ新卒採用活動終了、と考えても良い時期に入ると思います。
しかしながら、単位が足りない、家庭の事情、などで卒業間際に内定を辞退する学生も出てくる場合があります。

その場合はその理由が真実なのか確かめる手立てはありませんが、引き留めることは不可能であることがほとんどです。
早い段階で配属計画などを考える際に、若干名は更なる内定辞退出ることも予想しておきましょう。

入社式までは新入社員の人数は本当の意味で確定できないのかもしれませんね。

臨機応変な対応を視野に入れる

8月は内定辞退が多く出ることが予想されますが、内定式を迎える頃には落ち着くでしょう。
それでも最後まで何があるかわからないという気持ちは持っておき、何かあった際の臨時の対応が必要になる心づもりはしておきましょう。

追加募集をする際には10月1日以降に2回目の内定式を実施してもよいかもしれませんね。
今年度は特に異例尽くしの新卒採用活動、となっても不思議ではありません。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top