採用担当の教科書

内定出しへの準備が必要?新卒採用における最終面接での注意点

最終面接

倫理憲章上では新卒採用の選考開始は6月1日とされていますが、早い時期に良い就活生を取り込むために実際には4月頃にいち早く内定を出そうと考えている会社もあります。
最終面接での注意点について紹介していきましょう。

オワハラのプレッシャーはかけないように注意

最終面接ということで、内定を出す学生には入社する意思をすぐにでも固めて欲しいところですね。
しかし、昨年度の新卒採用活動で「オワハラ」という言葉が話題になったようにこの時点で本当に入社する意思があるのかどうかの決断を迫るのは避けた方が良いです。

面接で学生に就職活動を終えるように強要したり、必ず入社するように脅迫したと思われたりするような言動は慎みましょう。
志望の度合いを聞くのは構いませんが、ある程度は内定辞退が出るのは仕方がないものとして誠実に対応するようにしましょう。

「この会社で働きたい」と思わせる面接を意識する

最終面接は入社してもらう学生を判断する大切な選考の場ですが、この場の対応次第で学生の自社へのイメージが決まってしまう場合もあるので、重要なアピールの場ともなりえます。
受け答えを丁寧にして、学生の質問にも親身になって答え、好感度を上げるということを意識しましょう。

質問の中でも入社後はどんな仕事に関われるのかなど、学生の志望度を上げるようなアピールをさりげなく入れるような会話をしてみましょう。
面接は判断をするだけの場ではなく、貴重な学生とのコミュニケーションの場でもあります。

自社の情報を正確に伝える

学生に聞こえのいい情報ばかり流して、実際に入社してから都合悪い側面を知らせて落胆させるということになってしまうとせっかく採用した学生が早期に退職してしまうことにもなりかねません。
それではせっかくの新卒採用活動の苦労も水の泡ですね。

仕事の場ではこういう場面があるが大丈夫か、待遇面ではこんな側面があるが問題ないのかといった懸念事項は最終面接で確認しておいた方が長い目で見ればよいでしょう。
もちろん都合の悪いことばかりですと、会社に悪いイメージが残ってしまうのでそのあとにアピールに繋げるような情報の提供も忘れないようにするとよいですね。

学生にも考える時間を与えよう

会社としてはできるだけ誰が入社に至るのか早く固めてしまいたいものですが、この時期に内定を取れたからとすぐに入社の最終意思を固めてしまうのは難しいです。
他の会社を見た上でも、この会社で働きたいと思わせるような好感度の高い面接を目指してみましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top