採用担当の教科書

思い込みで判断していませんか?採用活動で学生を誤解しやすいポイント

writing

この時期になると面接も一通り終え、学生を見る目も肥えてきたころではないでしょうか。
しかし、面接に慣れれば慣れるほど学生を枠に当てはめてパターン化して見てしまうものではないでしょうか。

まだ選考活動を続けている際に残っている良い人材を見逃さないためにも、学生を誤解しやすいポイントについて解説していきましょう。

多くの会社の面接を落ちている学生は優秀ではない!?

この時期まで就職活動をしている学生は多くはたくさんの会社の選考に落ちた優秀ではない学生なのでしょうか?

活動実績やどんな会社を受けていたのか、やりたい仕事や会社を選ぶ基準に変化はあったのか、これまでの就職活動の遍歴について聞いてみて下さい。
ずっと同じ業界、同じ仕事を希望してきて自社も同じ業種なのであれば、やはりこれまで落とした会社と同じ結果を出すことになるかもしれません。

しかし、就職活動を進めていく中で自分のやりたい業種や仕事内容が変わってきた場合などは自己分析が進んできた証拠でもあります。
現在の希望の仕事についてどんな思いでその仕事を希望するに至ったのかの経緯を聞いてみましょう。

また、他社の内定を取りつつも自分が納得いくまで就職活動を続けたいと頑張っている学生もいます。
落ちた会社数のみで判断をせずに、就職活動のこれまでの思いについて聞いてみるとその学生の働くことに関する思いが聞けるのではないでしょうか。

そのうちに学生の本心が語られる場合もあり、学生の働くことへの思いを知れば自社で活躍できそうな可能性を見いだせる場合もあるかもしれませんね。

饒舌ではない学生は社会人になって活躍できない!?

面接では志望動機や自己アピールなど、話が上手な学生の方に好印象を抱きがちです。
しかし、性格上、口下手であっても仕事に対する熱意や誠意があってよい人材に成りうる場合もたくさんあります。

もちろん、社会人になるためにある程度のコミュニケーション能力は必要ですが、喋りがスムーズではなくともその学生の良さを発見できるような質問をしてみて下さい。
得意こと事や好きなこと、関心のあることを聞いてみるのが一番良いでしょう。

話しは得意ではなくとも良い人材に出会える可能性も広がるのではないでしょうか。
面接の話の饒舌さだけで判断することがないように気を付けましょう。

学校の成績が悪い学生は仕事ができない!?

面接の中で学校の成績証明書を提出してもらう会社が多いとは思いますが、成績で判断するあまり良い学生を見落としていることはありませんか?
学校で勉強した専門知識がそのまま仕事で活かせる場合でも、会社での研修や経験で習得できる場合も多いのではないでしょうか。

成績があまり良くない場合には、学生時代は他に何に打ち込んだのかを聞いてみましょう。
学校の成績が良くなくても会社に入社してから打ち込むものが仕事に変われば、成績の良かった他の学生よりも活躍できる可能性は大いにあります。

学校の成績だけではなく、勉強以外での物事への取り組み方や目標設定のプロセスなどを聞いてみて判断するようにしましょう。

先入観だけで決めないことが大切

多くの学生を選考していると成績や第一印象などである程度のパターンに分けてしまいがちですが、人を評価する方法は人の数だけあると思って下さい。
その学生の良い部分の個性を見いだせるような面接を心がけましょう。
見落としそうだった学生が実は自社では活躍できる人材であることが発見できるかもしれません。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top