採用担当の教科書

多角化された採用市場における、効果的な中途採用活動のコツとそのポジション

pattern

新卒採用活動に大幅なスケジュール変更があったり、採用対象に既卒・第二新卒という分野が出てきたり、雇用形態にも派遣や契約社員という異なる形態が存在するなど、採用市場はどんどん多角化しています。

そういった中で中途採用市場の大切さが見直されてきています。
効果的な中途採用活動を定着させるために必要な事を考えてみましょう。

サイト別の強みを知る

今やネットでの転職活動が主流であり、多くの転職サイトがあります。
利用料金の差もありますがその差は新卒採用ほどではないのでいろんなサイトを使用してサイト別の応募者の特徴やサイトごとの強みを把握するようにしましょう。

このサイトに情報を掲載すると集客が期待できる、このサイトの数は多くないが自社のニーズにあった人材が応募してきやすいなどサイトの特徴を知ることで効率的に転職サイトを利用することができるようになるでしょう。

情報の掲載を検討する際には各社の営業担当によく話を聞いて多くの会社の中から選別するようにしましょう。
中途採用には新卒採用ほどの時間はかけられないかもしれませんが、ここでのひと手間が大きな効果の違いに繋がることもあります。

転職エージェントをうまく利用する

現代の中途採用活動においては転職エージェントの利用は欠かせません。
費用は一時的に考えると転職サイトよりもかなり高額に感じられるかもしれませんが、応募してくる層にはかなりの違いがあります。
応募者全員のエントリーを全て受付けてこちらで選別をする手間がある転職サイトに比べて、転職エージェントではある程度絞られた人材が応募してきます。

こちらの条件を厳しく設定しておけば、かなり絞った人材のみ紹介してもらうことも可能です。
まだ導入をしていない企業はぜひ転職エージェントの営業担当の話だけでも聞いてみて下さい。

転職活動をする応募者の立場で考えても現在の転職活動において転職エージェントの利用は当たり前のことでもあります。
むしろ就職に対する意識の高い人材こそ自分の経験を活かしてスキルアップできる職場を求めて転職エージェントを利用している場合が多いです。

転職エージェントも自社の評判に関わるのであまりに見当違いな人材は紹介してこないはずです。
なかなか良い人材を紹介してくれる転職エージェントが見つかれば今後の中途採用活動の効果的な基本方針が定着してくることでしょう。

中途入社の社員の動向を把握する

中途採用は毎年行われるものではないのでその時の時期に応じて、ハローワークで募集をしたり、転職サイトを利用したり、転職エージェントを通したり、採用経路が定まらないことも多いのではないでしょうか。

どの経路を通して中途入社した社員がうまく会社に馴染めて良い働きをするのか、中途入社の社員のその後の社内評価などを把握しておくようにしましょう。
現場の直属の上司からも直接話が聞けると良いですね。

中途採用は新卒採用と並ぶ重要な採用活動

全体にかける費用や手間が新卒採用の方が多く、新卒採用の方が採用業務の中心である会社が多いかもしれませんね。
それでも中途採用はこれまでの職歴が即戦力につながるのかどうかを数回の面接で判断しなければならず、新卒採用以上にその見極めは難しいです。

中途採用でもできるだけ手間をかけるようにしましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top