採用担当の教科書

秋からでも間に合う? 今すぐ導入できる新卒採用の追加募集方法3選

追加募集

今年度からの倫理憲章による新卒採用の大幅な後ろ倒しにより、予想を上回る内定辞退が発生してしまった会社もあるのではないでしょうか。
これからでも追加募集を検討する場合にどのような方法があるのかを実際に考えてみましょう。

追加の採用ナビサイトに登録する

今まではリクナビや毎ナビなどが主流であったかもしれません。
しかし、他にも第二新卒や既卒、新卒を対象としたサイトがあり、そこでもなかなか就職が決まらない新卒の学生が登録をしていることもあります。

新卒専用のサイトだけではなく、幅広い層を対象とした採用ナビサイトの使用を検討してみましょう。
追加のセミナーを設定し、今まで通りと同じ募集をしただけでは、応募数は圧倒的に少なくなることが予想され、良い学生に出会える確率も低くなります。

これを機に既卒や第二新卒なども採用対象とすることを検討してみるのも良いかもしれません。
募集の範囲や求人情報の掲載範囲が広がれば新たな出会いも期待できますね。

セミナー会場を押さえ、新たに選考スケジュールを設定

大々的な追加募集を行うのであれば、新たにセミナー会場を用意し、再度面接スケジュールを組みましょう。
やっと採用活動の終了が見えたところで、大変な作業ではありますが、今年度活動をしている学生を来年の入社に迎えたいのであればできるだけ急ぎましょう。

早ければ早いほど学生の数も集まりやすく、就職活動への意識も高いです。
人数は春ほどには集まらないので小さ目の会場を予約するか、自社会場で行ってもいいでしょう。
広い会場を抑えるのが難しい場合は少人数制で行ってもよいですね。
少人数で学生の顔を見ながら近い距離で行うセミナーは学生も質問やしやすく、内容の濃いセミナーとなります。

追加募集でセミナーを行う際にはこれまでとは違った形式でやってみるのもよいですね。
母集団の数が圧倒的に異なってくるのでこれまでとは違ったアプローチが有効な場合もたくさん出てくることでしょう。

就職フェアを利用する

いつの時期も就職フェアは行われています。
採用ナビサイト上での集客が難しい場合は自社の知名度向上のためにも参加を検討してみてもよいでしょう。
就職フェアには違った業種目当てのこれまでとは違った層の学生が訪れる場合もあります。

これからの時期のセミナーは参加人数を伸ばすことは難しいですが、今までとは違った場所でのアプローチを行うことにより学生の集客が期待できます。
まだまだ卒業まで半年もあり、就職活動をしている学生も多いのでぜひ就職フェアへの参加を検討してみましょう。

これまで参加したことがない会社の就職フェアに参加してみると、新たな層の学生との出会いも期待できますし、新しい可能性が開けて来るかもしれませんね。

大切なのはどれだけ多くの学生を集められるか

この時期ならまだ大手の試験に落ちて持ち駒がなくなり新たな希望企業を探している学生もたくさんいるはずです。
多くの学生を選考に集めることができればまだまだ期待の出来る質の学生に出会えることができるのではないでしょうか。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top