採用担当の教科書

17卒の新卒採用セミナーの工夫は出来ていますか?就活生の印象に残るセミナーのコツ

training-2

2017年3月卒業者向けの新卒採用活動も倫理憲章上の広報活動開始まであと一か月を切りました。
新卒採用セミナ(就活セミナー)ーの内容を検討を始めている会社がほとんどではないでしょうか。
今年度の新卒採用セミナーに取り入れたい工夫をご紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

社員と直に接する機会は大事

学生にとって実際の社会人と直接話をする機会は中々ありません。
そんな中で実際の社員と直接話ができる機会は大変貴重で強い印象を残すのではないでしょうか。

そこで良い思い出ができれば「とても印象の良い企業」として志望度を上げることにも繋がり、後々の内定辞退を防ぐことにもなります。
学生をグループに分けてグループごとに社員を配置する、など学生が直接社員と話をしやすい環境を作るように心がけてみましょう。

ただの説明を聞くだけの他社のセミナーよりは学生の記憶に残るセミナーになること間違いなしです。

セミナーで職業体験を提供する

ここ数年で導入がより増えているインターンシップですが、導入が難しい会社もセミナーの数時間で簡単な職業体験ができないかを検討してみましょう。
ディスカッションやロールプレイ、簡単な作業工程の一部などセミナー内で実施することができれば学生が仕事内容に強い関心を抱くきっかけになるはずです。

大人数のセミナーが難しければ希望者だけの少人数制でも良いですし、形式にこだわらない体験型セミナーを検討してみましょう。
そこに参加する学生は間違いなく、御社への興味も強く職業意識の高い学生たちばかりなので、実施しただけの効果はあるのではないでしょうか。

自社だけのオンリーワンを伝える

どの会社にも自社だけの強みや良いところがあるはずです。
その自社だけのオンリーワンを大々的にアピールしましょう。

自社の強みがわからない場合には自社だからこそできることを挙げてみて下さい。
例えば以下のようなことです。

  • 最先端の技術に関われる
  • 開発から製造までを一貫して行える
  • 外国とのやりとりが盛んなので英語力が延ばせる
  • 海外出張があるのでグローバルな活躍ができる
  • 社長と直接会議で議論できる
  • 〇〇の知識やスキルを身に付けることができる
  • 休憩スペースやランチの場所が充実している
  • 社内のクラブ活動が盛んである
  • 休日も多く有給休暇も取りやすい

どんな会社でもその会社ならではの良さがあるはずです。
その良さが実際に伝わるような画像、映像、数値を用いた実績などをセミナーでアピールしてみて下さい。
せっかくセミナーに足を運んでもらうのですから、自社の魅力を余すことなく伝えるようにしましょう。

学生の印象に残るセミナーを!

ここ数年は学生の売り手市場が続き、内定辞退が新卒採用の大きな課題ともなっています。
WEBなどでのセミナー参加も可能な現代では学生は数十社の会社のセミナーを見ていることも少なくありません。
他社に埋もれない学生の印象に残るセミナーを目指すようにしましょう。

新卒採用の手引き 運営事務局

新卒採用の手引き 運営事務局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top