採用担当の教科書

採用対象に入れる価値あり!?既卒生のメリットとは?

495145485
年々変化していく新卒採用活動において、内定辞退者も多く必要な人数が取れなかったという年もあると思います。
不足の人数を中途採用で補うのか、次年度の新卒採用まで待つのかというところは採用担当者とっても頭を悩ますところです。
そんな中で最近増えている「既卒」の学生は採用対象としてはいかがなものなのでしょうか。

既卒の学生の事情は様々

既卒の学生とは大学を卒業しても就職活動を続けている学生のことです。
就職活動を頑張ったのに希望の企業に入れなかったと言えば優秀な学生ではないというイメージを持たれるかもしれません。

しかし、一概にはそうとは言えません。
就職が決まらないからと、取りあえず決まった希望ではない仕事に就く学生やフリーターになってしまう学生もいます。
新卒の状態を継続するために一年留年する学生も実際にいます。

そんな中で「既卒」という状態になっても就職活動を続けているのはとても強い信念を持っている学生ではないでしょうか。
他にも学生時代に他の進路を考えていて後から就職活動をすることになることもありますし、卒業間際になってから家庭の事情では急遽就職が必要になった場合もあります。

既卒生にもメリットはある

既卒学生を採用することのメリットは何でしょうか。
簡単にあげると以下のようなことが考えられます。

  • すぐに働いてもらうことができる
  • 新卒同様の若さと将来性がある
  • 既卒の状態で就職活動をしているのでハングリー精神がある
  • 職歴があるわけではないので一から仕事を教えることができる

新卒ですと次の4月まで待たないといけませんが既卒生ならすぐにでも働いてもらうことができます。
若い社員をすぐに雇いたい時にはもってこいの人材でもありますね。

また、既卒のという状態でも就職活動をやっているのはとても強い信念を感じます。
長い就職活動で根性も付き、就職浪人という辛酸を味わった後の就職ではとても仕事に対するやる気が溢れているはずです。

職歴があるわけではないので「前の会社ではこうだった」というようなトラブルがなく仕事の習得を進めることができます。
このように考えてみると既卒生の採用にもメリットがありそうですね。

ポテンシャルにこだわるなら

それでも新卒採用ではいろんな可能性や能力を秘めた将来の幹部候補生とも言うべき期待込めて採用をするわけですが、既卒生にも同じものを期待できるのでしょうか。

職歴で見て採用するわけではないので当然ポテンシャルは必要となってきますね。
既卒であっても新卒採用と同様の試験内容や面接の実施は必須と言えるでしょう。

そう考えると既卒には他の会社を落ち続けてきた人も混ざっているのでやはり欲しいと思う人材の確率は高くはないかもしれませんが、ダイヤの原石は既卒生の中にもいるはずです。
既卒生を選考する時にもそのポテンシャルを見つける努力を惜しまずに選考を実施するようにして下さい。

必要なのは門戸を狭めないこと

もちろん、既卒にいい人材が必ずいるのかどうかは出会ってみないとわかりません。
しかし、今は新卒採用の手法も就職活動も双方の事情が多様化している時代でもあります。必要以上に門戸を狭めずに機会が持てるならばいろんな人材を面接してみて下さい。
自社にあった素晴らしい人材に出会えるかもしれません。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top