採用担当の教科書

採用担当者必見!採用活動で最も重要な事とは?

management1215-1 (1)
皆様こんにちは。ナレッジゲームズの上田です。
今回は“採用で最も重要な視点”をお伝えしていきます。

「採用目的の明確化」が最も重要なこと

さて、この記事をご覧の方は、採用担当者であることがほとんどかと思います。
そんな皆様にお伺いします。
採用活動で最も大事なことはなんでしょうか?
スクロールする手をとめて、少し考えてみましょう。



・採用人数の決定
・面接官の育成(良い人材の見抜き方)
・内定辞退防止
などが思い浮かんだ方は、惜しいですが間違いです。
なぜなら、採用活動で最も重要なことは、どの企業でも「採用目的の明確化」であるためです。

今まで私は、利益を生み出す人材を採用することが肝要であると、お伝えしていきました。
その視点に基づき、真っ先に考えなければならないのは「利益を上げる人はどのような人であるのか?」ということです。

目的の明確化が利益を生み出す人材を発掘する

「利益を上げる人」・・・え、それは優秀な人じゃないの?
ロジカルシンキングがしっかりできて、英語力もあって、パソコンも使いこなせて、さらに…

確かにそうですね。
ですが大変僭越ながら申し上げます。
そのような人材が、日本にどれだけ存在するのでしょうか?
そして、御社以外の大手企業に内定をもらった場合、どちらに行かれるでしょうか?

もう、ご理解頂けたと思います。
社会一般的に考えられている「良い人材・良い社員」というものは、概ね共通しています。
(これを経営学ではコア人材と呼ぶこともあります)
これらの人材を採用することはもちろん重要ですが、一部の“超”大手企業を除き、そのような人材を採用することは至難の業です。
それは、多くの企業から必要とされるため、内定者が選ぶ立場になるからです。
更にそのような人材を採用できたとしても、転職オファーがひっきりなしに届きます。
さぁ、果たしてこれが「自社に最も利益を生み出す人材」と言えるのでしょうか。

違いますよね。
そこで考えるのが先述した目的の明確化。
自社にとって、利益を上げる人はどのようなスキルを有しているのか。
逆に、どのような欠点があっても許容できるのか。
これを「なんとなく」ではなく、明確に定義づけすることが、採用で最も重要な視点となります。

経営者視点で利益を出す社員を採用する

なお、第2回でお伝えした「いかに人(特に正社員)を減らすことができるのか」という視点も外すことはできません。
欠員が出たから採用する、というのはあまりにも安易な採用です。
社員側にとっては非情かもしれませんが、経営者視点では“人材は安く雇い、少ない人数で効率的に回す”ことが必要です。
外部に委託できないのか?
本当に正社員じゃないとできない業務なのか?
もっと効率的な業務フローを構築して、欠員分を代替することはできないのか?

このような視点を、人事をご担当される方にはお持ちいただきたいものです。

自社の利益を上げる社員を探すことから採用活動は始まる

今回お伝えしたように、自社の利益を上げる社員とは何かを明確に定義するところから、採用活動は始まるといってよいでしょう。
過去にお伝えした経営者視点に加えて、採用担当者として忘れずに行いたいポイントではないでしょうか。

今後、具体的な内容については“採用編”で詳細に扱っていきます。
ご興味が湧いた方は、ぜひ続きをご覧ください!

上田一輝

上田一輝

大学にてバイオテクノロジーを学び、首席卒業。しかし”人の力を生かし、幸せを創る”経営学に興味を持ち、転向。イオングループに入社し、人材管理・店舗マネジメントに携わる。その後独立し、講師として活動を開始。業界最年少ながら研修会社や予備校など、年150回、累計1000回の経験を持つ。また、ボードゲームを用いた研修事業「ナレッジゲームズ」も展開している。詳細はhttp://uedakazuki.com/

Return Top