採用担当の教科書

他社にないセミナーを!自社の魅力を最大限アピールする方法

1day
セミナーの内容と言えば、通常は会社の説明、募集要項の説明が主な内容です。
せっかく学生と直接会える機会なのですから、自社の魅力をアピールできる方法はないものでしょうか?
そのアイデアをご紹介します。

先輩社員との交流会で社風を味わってもらう

社風を伝え、実際に学生の反応も見るためには若手社員とのフリースタイルの交流会はどうでしょうか。
部署ごとにブースを設け、質問大会も良いですし、飲み物を提供して立食パーティーのようにしてもよいです。

セミナー内では手を挙げて質問をするのは学生にとってはハードルが高いことですが、近くにいるのであれば質問することもできます。
学生が若手社員と直接話をし、仕事内容など聞きたいことを気軽に聞いてもらうのが主な目的です。

形式は人数や業種に応じて自由に設定してみて下さい。
場所はセミナー会場で隣の小部屋を借りたり、ロビーを利用したりするという方法もあります。

体験会で自社製品をアピール

会社の業種にもよりますが自社製品のアピールの一環にもなりますし、製品の体験コーナーを設けてはいかがでしょうか。
セミナーの始まる前でも終わった後でも、自由に使用してもらうのです。

製品でなくサービス業などである場合には、お客様目線でどうそのサービスを利用できるのかを説明し、経験できるような機会を設けるという方法もあります。
自社の仕事内容についてより具体的にイメージしてもらうことができます。

グループワークで印象に残るセミナーに

進行補助のスタッフに人員を割くことができるのであれば学生をグループに分けてグループワークをさせてみてはいかがでしょうか。
自社の業界に関する新しい商品のアイデアを発表させたり、売り上げを上げる方法をグループディスカッションさせるのもよいです。

これはあくまでも選考には関係なく、学生に自社の業界や製品に対しての理解を深めてもらうことが目的です。
直接選考に繋がることがなくとも、面白いことができたセミナーだと学生の印象にも残ります。

自社だけの特色を作って他にはないセミナーを

今までウェブ上でしか会えなかった学生と直接会えるせっかくの機会です。
他社とは違う自社だけの売りを作ってみましょう。
セミナーで他社と差別化を図ればよりいい人材が集まってくるはずです。
何よりも他社へ逃げられるのを防ぐ方法にもなります。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top