採用担当の教科書

辞退が多い面接の特徴は?選考辞退を防ぐチェックポイント

486626483

せっかく集めた学生が選考の途中で辞退してしまうのは非常にもったいないことです。
できれば選考辞退は防ぎたいところではありますが、選考辞退の少ない面接と多い面接に違いはあるのでしょうか。
選考辞退を防ぐためのチェックポイントをまとめてみました。

セミナー時と雰囲気が変わりすぎてないか

学生はネット上で企業の情報を見て、自分の希望に合いそうな企業のセミナーに参加します。
セミナーで働いてみたい会社だということが確認できると応募に至るわけです。
しかし、セミナーでは若手を登用するような風通しのいい雰囲気だったのに面接では怖そう管理職しか出てこないとなると学生はセミナーとイメージが違うと思って選考を辞退するかもしれません。
他にもセミナーではあまり説明のなかった職種についての話が面接官からあったら、希望の職種につけないのだと学生に思われてしまうかもしれません。

このように実際に面接を受けに行ったらセミナーの時とはガラッと雰囲気が変わってしまうのは選考辞退に繋がります。
面接に入った途端にギャップが生じすぎないように面接官とも意思疎通を取っておくことが必要です。

学生を不快にさせる面接ではなかったのか

学生は就職活動を通して多くの面接を受けています。
どの面接も緊張してしまうものですが、どこの会社も学生を不快にさせるような面接は目指していないと思います。
そんな中で学生を不快にさせるような言動があると、会社へのイメージが一気に悪くなることがあります。

もちろん必要な質問項目というのはそれぞれの会社にもあるものでしょうし、面接で学生に媚びる必要もないと思います。
それでも学生の立場を尊重できずに、横柄な態度での面接は選考辞退に繋がるということを覚えておきましょう。

同業他社に学生が流れていないか

これは実際に起こりうることですが、大手企業というのはいつの時代も人気のあるものです。
同業他社で大手企業はたくさん存在する場合には学生がそちらに流れていくことは防ぎようがありません。
それでも自社が大手ではない場合は中小企業だからこその魅力があるはずです。
大手にはない自社だけのアプローチを意識し、大手志向ではない優良な学生が自社に留まってくれるように努めてみましょう。

選考辞退の有無は採用担当者の努力次第

その学生の本来の希望というものもありますが、選考辞退が多い場合は採用担当者の努力次第で改善をすればその数を少なくすることができます。
採用活動中は業務が集中し、忙しい時期ではありますが、学生の視点、気持ちというものを常に意識することを心がけましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top