採用担当の教科書

新卒採用の選考で必ず入れておくべき 3つの評価項目

3

面接をするにあたって自己PRや志望動機など基本的な質問があると思いますが、それ以外に絶対に見ておいた方がいい点とはどんなところでしょうか。
せっかく内定を出した学生に内定辞退をされないために、そしてせっかく入社させた新入社員がすぐに辞めてしまわないために、面接時の必要な評価項目について解説していきます。

嘘をついていないか

面接をしていると嘘をつく学生が意外と多いことに気が付くでしょう。
できないことをできると言ったり、御社が第一志望ですと言ったり、面接なのである程度は仕方ないことかもしれません。
しかし、ここで注意しておきたいのは内定が取れればどこでもいいと思っている学生です。
「御社が第一志望です。内定が取れたら必ず御社に入社します」というような嘘は必ず見抜く必要があります。
それは内定者の人数調整に響くからです。
ある程度経験のある面接官ならその言い方でピンと来ると思います。
それでもこの学生は怪しいなと感じたら志望動機についてつっこんで質問してみて下さい。
またなぜこの会社でその仕事がやりたいのかと詳しく聞いてみてもいいでしょう。
そのあたりでぼろが出るようであればあなたの会社のことを本気で志望していないということになります。
このように学生の嘘が見抜けないと内定時や入社してからいろいろとトラブルの種になります。
学生の嘘は必ず見抜くようにしましょう。

働くことのビジョンが見えているか

学生は当然社会人として働いたことがないので、いくら入社した時に実現したいことなどを語らせても限界があります。
それでもあまりに仕事内容について理解していない場合は入社してから数年以内に退社ということにもなりかねません。
面接を通して、特に仕事内容についての動機について詳しく尋ね、どれくらい働くことについての理解を深めているかの評価をした方がよいでしょう。
この辺りが良くできている学生ほど就職活動に真剣に取り組んでいる優秀な学生であるはずです。
逆にぺらぺらと聞こえのいい抽象的な夢物語を答えられる学生は何も具体的なことを理解していないのかもしれません。
こういった学生は他の会社でも同じことを話しているのでしょう。
話の調子の良さに惑わされずに将来的なビジョンについて詳しく聞いてみましょう。
話の具体性があなたの会社に関係がない内容であれば、あなたの会社のことをよく理解していない可能性が高いです。

自分について過信をしていないか

面接をしていると妙に自信満々の学生がたまにいます。
自己PRや志望動機も立派です。話の内容に微塵の嘘も感じられません。
一見、優秀そうな学生ですが、社会人になってから活躍してくれるのでしょうか。
入社してからどう化けるのかはこの時点では判断が難しいところでもあります。
しかし、隙のない話し方や、話の内容が立派すぎて他人の考え方を挟む余地がなさそうな場合は危険かもしれません。
挫折を乗り越えた経験はありそうでしょうか。
自分の悪さを認めて他人の考え方を受け入れるということが苦手な感じではないですか。
上司に自分の意見を認めてもらえないとそれだけでへそを曲げてしまうかもしれません。
本人が自信満々でも、自分の足りないところを認める強さがあるかどうかは見ておいた方がいい評価項目です。
ストレス耐性があるのかどうかということもわかる部分だと思います。

学生の本質を見抜き、優秀な学生を採用する

このように基本的な質問以外にも確認しておいた方がよい点があるのです。
せっかく長い期間と費用をかけて実施している採用活動なのでできるだけ学生の本質を見抜けるようにしましょう。
目指すところは長く働いて活躍してくれる社員を採用することです。
面接の場だけではなく、働いてからの姿を想像しながら学生を評価することが大切です。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top