採用担当の教科書

DMを大活用!会社説明会集客のコツについて

説明会集客

会社説明会を開いたものの、なかなか学生が集まらない。
そんな悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか?
今回は、会社説明会の集客のコツをお伝えします。

ナビサイトのダイレクトメッセージを活用する

まず大切なのは、説明会への導線作り。
ダイレクトメッセージを読んで、『説明会に来たい!』と思ってもらうことが重要となります。

就職活動のシーズンになると学生にはたくさんの企業からダイレクトメッセージが来ます。
その中で、興味をもってもらうために1番大切なのは、タイトルの付け方です。

タイトルが、お!っと思わせるものだったり、学生の興味を喚起するものだと、説明会の参加につながります。

今回は、4つの例をお伝えします。

1.大学名をタイトルにいれる。(例:○○大学の方へ 〜〜)

リクナビは大学ごとにダイレクトメッセージをおくれます。
その機能を利用して○○大学のあなたにお知らせしていますということを伝えるタイトルにします。

2.会社の実績をいれる。(例:△△業界で実績No.1)

企業名ではわからない実績をタイトルにいれます。

3.社内の社員の活躍状況いれる。(例:□年目の社員が活躍しています!)

  若いうちから力をつけたい!と思っている学生にささるタイトルです。

4.昨年の説明会の感想を入れる。(例:何%の先輩が説明会に参加してよかったと答えた!)

昨年の説明会のアンケートから、学生が参加したくなるような言葉を抜粋してタイトルにいれます。

このように、学生が参加したくなるタイトルを考えましょう!
いかに、説明会を魅力的に見せるかが大切です。
社内の他の方に考えたタイトルを見てもらうなど、推敲を重ねることをおススメします。

説明会の時間を工夫する

その他に大切なのは、説明会を開催する時間です。

  • 10:00〜12:00
  • 13:00〜15:00
  • 16:00〜18:00

の3つの時間帯で説明会をしてみて、どの時間帯が始めに満席になると思いますか?
一度比べてみるとわかるのですが、特に就職活動が始まったばかりの頃は、朝の説明会には人が集まりません。

また、1番人気は13:00〜の会になるはずです。
活動しやすい時間帯である13:00からの説明会を選ぶ人が多いです。
いつも午前中に説明会をやり人が集まらない企業は、時間を変えてみるのはいかがでしょうか。

説明会になかなか人が集まらなくて困っている方は、他の企業がどういったダイレクトメッセージを送っているのかを調べたり、効果的な内容はどんなものだったかを知るために、学生さんや新入社員に聞いてみるのも良いと思います。

金子愛

金子愛

法政大学卒業。 2008年株式会社クイック入社。 求人広告営業を経験後、営業企画、研修、新卒採用担当を経験。 企業で働く人や学生と接している中で、“多くの選択肢を知った上で、自分の生き方や職業を選択すること”の重要性を感じ、現在は、千葉県富津市金谷で多世代交流ができるようなコミュニティづくりをしている。

Return Top