採用担当の教科書

派遣社員や契約社員の違いとは?適切な雇用について

saiyobaitaimerit

終身雇用制が崩壊し、雇用形態が大きく変わってきました。
正社員やパートタイマーの他に、派遣社員や契約社員といった、いろいろな雇用形態が広がっています。

今回は、派遣社員と契約社員が正社員とどう違うのか説明します。

雇用主は誰? 待遇面は?

一番の違いは、正社員が「期間の定めのない雇用契約」であるのに対し、派遣社員・契約社員は「有期雇用契約」であることです。

正社員は、もちろん、会社が雇用主です。
契約社員も、会社が雇用主となり、給与を支払います。
派遣社員は、派遣元企業が雇用主となり、派遣先企業と契約を結び、支払を受けたところから、派遣社員への給与を支払います。
この場合の給与ですが、派遣社員は時給が多く、契約社員は月給制のことが多いようです。また、交通費は、派遣社員では時給に含まれていることが多くなっています。
契約社員の場合は、正社員と同じルールで、別途支給とする会社が多いです。
賞与は、派遣社員ではほとんどの場合、ありません。
契約社員では、会社によってさまざまです。
有給休暇については、派遣社員の分は、派遣元が管理します。
会社が雇用主となる契約社員は、当然会社が管理することになります。

どのように使い分けられているか

一般に、派遣社員は事務や作業員が多く、契約社員には専門性や高度な技術が必要な仕事をする人が多くなっています。
どちらも、基本的なことについての指導があまり必要ない「即戦力」として期待することができます。
また、有期契約であるため、業績の好調・不調にあわせて、人件費の調整に使われている側面もあります。
ただ、会社側が半ば自由に契約を打ち切ることができたのは、昔の話です。
最近では、そのような利用法が問題視されています。

今や、「いつでも切れる」存在ではありません

派遣切りや契約社員の雇止めの問題が深刻化し、労働者の保護や解雇権の濫用に対する規制が強くなっています。
派遣社員の場合、契約解除したい場合は、相当の猶予期間を持って申し入れをしなければなりません。
また、関連会社での業務をあっせんするなど、派遣社員の次の就業機会を確保するよう努めなくてはなりません。
契約社員の場合は、次のような状況であった場合に、雇用契約の解除が難しくなるようです。
・仕事内容が正社員と同じ
・更新回数が多い
・通算雇用期間が長い
・雇用継続の期待を持たせた
これらのような事実がある場合、簡単に契約解除はできません。

このように、派遣社員も契約社員も、「いつでも切れる」労働者ではなくなっています。
ただ、どのような場合であれば、正当に契約解除できるかは、非常に難しい問題です。
個別具体的な状況に左右されるので、弁護士や社会保険労務士などの専門家のアドバイスを聞くことも大切でしょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top