採用担当の教科書

追加採用や少人数採用に最適。新卒紹介サービスの3つの魅力

追加採用やポテンシャル採用に最適。新卒紹介サービスの3つの魅力

新卒紹介サービスを使われたことはありますか。
中途採用で使われるサービスという印象があるかもしれませんが、新卒採用でも使われるケースはあり、十分に効果があります。

インターネットで企業と学生が直接接触しやすくなった今の時代、さまざまな新卒紹介サービスが生まれています。
新卒採用の一つの手法として、新卒紹介について理解を深めてみませんか。
今回は、新卒採用の仕組みについて解説します。

新卒紹介サービスとは?

新卒紹介とは、就職を希望している学生を人材紹介会社を通して紹介してもらう仕組みです。
採用ナビサイトや会社説明会を通して出会う場合とどう違うのでしょうか。
新卒紹介の魅力について紹介していきたいと思います。

  • 成功報酬型で活用方法が豊富
  • ポテンシャルが高い学生と出会える
  • ニーズに合わせて活用できる

成功報酬で、少人数採用や追加採用に活用しやすい

就職サイトの掲載や、会社説明会の会場費などが積み重なると、採用予算は数百万円に膨れてしまいがちです。
多くの学生に出会えるメリットはありますが、その中から確実に採用できるかはわかりません。
それに対して新卒紹介は「成功報酬型」です。
一般的に採用人数1名あたり60万円ほどとなります。
内定が決まった人数に対して支払う仕組みです。

少人数の採用であれば、新卒紹介のみを使って予算を抑えて採用することもできるでしょう。
採用シーズンのピークを過ぎた後、追加採用が決まった場合に低予算で採用計画が立つというメリットもあります。
通年で学生に出会っている新卒紹介会社だからこそ出来る採用支援サービスです。

どんな学生に出会えるか?

紹介会社によって出会える学生の傾向は違ってきます。

新卒紹介は学生の中ではなじみはまだ強くありません。
多くの学生は、従来の就職活動である新卒求人サイト中心の就活と並行しながら、新卒紹介を活用することがほとんどです。

就活のどのタイミングで、新卒紹介サービスに出会い登録をするのか、新卒紹介会社と学生の接点により、登録学生の傾向が違います。
新卒紹介で出会える学生は大きく2つのタイプに分れています。

学生ヘッドハンティング型:ポテンシャルの高い学生

1つめのタイプは、早期に就職活動する学生や、エンジニア・高学歴層の学生などに向けたセミナー・WEBサイトから、新卒紹介サービスを知る学生です。
就活シーズンの早期に活用されることが多いでしょう。
ポテンシャルの高い人材を採用したい、技術を持った人材を採用したいなど、採用ニーズが明確な場合に向いています。
IT系の人気企業・ベンチャー企業が多いため、学生を惹きつける企業力が必要です。

学生サポート型:就職活動転換期の学生

学生向けのサポートイベント(就職セミナーや面接対策)から、新卒紹介サービスを知る学生です。
ある程度の就職活動を経験してからサービスを使い始める学生が多くいます。
就活サポートイベントを通して、いままでの就職活動から視野を広げようという意識を持ちやすいのが特徴です。
中小企業・ベンチャー企業でも比較的出会いやすいのではないでしょうか。

ニーズに合わせて活用できる

費用対効果が明確で通年採用ができる新卒紹介、さまざまなニーズに合わせて活用できます。

  • 通常採用に加えて技術職を採用したい場合
  • 採用方針が変わる、内定辞退がおこるなど、追加採用したい場合
  • 少人数で採用予算を抑えた採用計画をする場合
  • 採用シーズンが過ぎた夏移行に採用をしたい場合

採用人数✕費用で計画が立てやすく、いま就職活動をしている学生にピンポイントで出会えるのが新卒紹介の魅力です。
小回りが効き、効果が明確なサービスとして活用しやすいのではないでしょうか。

採用手法のひとつとして活用したい「新卒紹介」

新卒紹介の活用イメージは湧きましたか?

会いたいと思ったときに出会える「新卒紹介」は、今後企業や学生の利用が増えてくるのではないでしょうか。
サービス提供各社の特徴や傾向をよくみて、自社のより良い採用活動につなげてください。

天池知子

天池知子

2011年株式会社カケハシ スカイソリューションズ入社。 就活サイト「ミートボウル」の立ち上げ運営に携わり、学生広報を担当。 2012年「就トモCafe」の社会人バリスタとしてボランティアで運営。 現在はフリーランスとしてメディア運営・ライティングに携わる。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top