採用担当の教科書

採用ブログで何を書けばいいか分からない採用担当者へ。新卒採用ブログの活用方法とは?

blog

皆さんの会社では、新卒採用ブログをどの程度活用していますか?

  • オプションとしてあるから、トピックスがあったときに更新している
  • 最初は更新しようと思ったけど、日々の業務が忙しくて全くできていない
  • 何を書いたらいいかわからない

という採用担当のかたは、多いのではないでしょうか?

そこで今回は、採用ブログで何を書けばいいか分からない採用担当のかた向けに、

  • 新卒採用媒体におけるブログの位置づけ
  • 採用ブログの適切な更新頻度
  • 採用ブログのテーマ設定

についてお伝えします。

採用ブログの目的は「学生さんとの接点づくり」

みなさんの会社では、ブログについてどのような位置づけにしていますか?
なんとなくそういう機能がついているのは知っているけど、全く利用していない。
と、後回しにしている会社さんも多いと思います。

しかし、採用ブログというのは、学生さんと接点をつくることができる1つのツールです。
会社の魅力を伝え、学生さんに会社のことを知ってもらうことができる絶好の機会なのです。
採用担当として、これを利用しない手段はないと思います。

採用ブログで書くといいネタとは?

とはいっても、何を書いていいかわからない…という採用担当のかたも多いと思います。
ネタがなくて困っているときには、ぜひ以下のようなネタで採用ブログを更新してみてください。

若手社員紹介

仕事内容もさることながら“人”を重視して就職先を決める学生さんは多いです。
その会社でどんな人が働いているのか?
というのは、学生さんにとって知りたい情報です。
若手社員にお願いをして、
・仕事のスタンス
・休みの日は何をしているか
・仕事の中で楽しいこと/つらいこと
などの質問に答えてもらい、その社員の写真と共に掲載してみてください。

就職活動のワンポイントアドバイス

日々多くの学生さんと会っていて、
“もっとこういうところを気をつけたらいいのに。”
などと気づくことありませんか?
就職活動中の学生さんにアドバイスをしてあげる記事を書くと、
この企業のブログは就職活動の参考になる、と口コミで広がり、多くの学生さんに見てもらえる可能性があります。
多くの学生さんに会う採用担当だからこそわかる視点で、学生さんにアドバイスしてあげましょう。

更新頻度は毎日が理想的

皆さんの会社では、どのくらいの頻度でブログを更新していますか?
1週間1〜2回や毎日など、頻度は会社によって様々だと思います。
ブログは学生さんに自社をPRすることができる接点の1つなので、できれば毎日更新するのが理想的です。
1人で書くのが難しい場合は、協力してくれそうな人に声をかけて、曜日ごとに担当を決めて更新するといいでしょう。
前もってスケジュールを組んで、毎日更新できるような体制をつくりましょう。

採用ブログはリーチを高める重要なツール

日々の業務がたくさんあると、忘れてしまいがちなブログ更新ですが、
大切な学生さんとの接点となる重要なツールです。
リクナビでは、リクナビブログから企業を探すという検索画面もあり、編集部が出すテーマに沿ってブログを書けば、学生さんに見られる確率もあがります。
そういった機能もうまく使って、採用ブログを効果的に利用しましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top