採用担当の教科書

就活ナビサイトを使わない就活生は意外と多い?就活生のメディア活用のパターンとは?

第三回:就活ナビサイトを使わない就活生は意外と多い?就活生のメディア活用のパターンとは?
<シリーズ:新卒採用って、ホントのところ。>

就活ナビサイトを遣わない

リクナビ、マイナビ以外にも広がる多くの就活サービス、採用担当者のあなたは、いくつご存知ですか?
いまどきの就活生の一日の行動を通して、どんなサービスがあるかを追っていってみましょう。

とある就活生の場合〜関東圏:私立大学4年生・文系〜

朝:SNSで就活状況をチェック

朝起きたらいつもの通りTwitterとFacebookをチェックする。
朝食を食べながら、着替えて移動をしながら、スマートフォン片手に気分転換と情報収集だ。

アカウント1 Twitter

Twitterアカウントは2つ使っていて、一つは鍵付き。サークルやゼミや親しい大学の友人しか知らないアカウントが1つ。
今日は学内企業説明会があるらしく、連れ立って行く友人たちのやりとりをながめながら、自身もつぶやく。「おきたー今日は選考。ねむい」
お互い就活してることをほのかに匂わせながら、でも通常のトーンのまま。いわば息抜きアカウントだ。

アカウント2 Twitter

もうひとつのTwitterアカウントは就活用。
就活で出会った人や企業のアカウントと、就活情報アカウントがいくつかあるのでフォローしている。エントリーシートの締め切りから140文字の就活マナー講座まで、幅広くカバーしているので、気休めと思いつつも眺めてしまう。
『今夜は渋谷で19時から就活座談会!今の時期ならではの悩みを、人事担当者と話そう』というつぶやきが流れてきた。とりあえず保留、っと、お気に入りボタンをおした。

アカウント3 Facebook

Facebookはもちろん実名で大学の友人や就活仲間、そして企業の人事担当や採用支援会社の人ともつながっている。
うかつなことは言えない。みんな空気を読み合って使っている。
就活関係のイベント情報や求人情報を拾うのみに、最近はしているけれど……
ああ、でも、ほら、内定報告を一つみつけてしまった…

ため息をついてスマホの画面を落とす。選考は進んでいるけれど、まだ内定はない。
まず一社目の説明会だから気分を入れ替えなくちゃ。

午前:説明会1社

今日は、あまり知らない業界の企業説明会に参加。
この企業はナビサイトではなく、就活イベントで出会った企業だ。

秋に出会った企業の説明会

なんだか楽しそうだと思って秋に参加した就活イベントは、ゲーム型で就活力を磨くタイプだった。巨大なボードゲームイベントに参加した後、座談会で出会ったこの企業の担当者。

志望していた業界ではなかったものの、座談会で熱心に就活アドバイスをしてもらったのが嬉しくて、企業のことをよく覚えていた。
第一志望軍の企業の説明会がひと通りおちついたので、思い出して企業説明会に参加することにしたのだった。

楽しそうな就活イベントを運営していた会社は、就活対策講座やカウンセリングも行なっていると、時々くるメルマガを読んで知っている。このまま就職が決まらなかったら相談しようか……

そんなことを悶々と考えていたら、説明会が始まった。姿勢を正して正面を向く。

午後:就活生スペースで模擬面接のち、選考1社

午前の説明会は、業界研究不足の自分でもわかりやすい内容で、興味を持った。
選考に進んでみたいと思ったので、エントリーしてみよう。

就活生仲間と情報交換

ランチの片手間に同じイベントに参加した就活生のあつまるFacebookグループに投稿してみる。
「○○社の説明会行ったけど、だれか選考進んでる?エントリーするつもり」
同じイベント参加者は、就活が本格化する前に出会ったので、ギラギラせず仲良くなれた貴重な就活仲間だ。
業界や志望が違うながらも、面白そうな情報を情報をお互い交換できて、とても助かっている。

ランチを食べ終えた。選考は夕方なのですこし時間がある。
こういうときは、就活仲間に教えてもらったスペースに足を運ぶ。

面接前、就活生スペースに立ち寄る

都内には就活生が無料や格安で使えるスペースがいくつかあって、その場所ごとに特徴がある。今日は新宿の就活生向けスペースへ。
就活仲間がだれかいたり、スペースのスタッフが相談相手になってくれることもあるので、よくいく場所になった。

「こんにちは、今日は説明会?」
「こんにちは、午前説明会で、夕方から面接で…」

都心からちょっと離れた大学なので、都内で親身に就活状況を聞いてくれる場所は、就職指導室が都内にあるみたいで、安心できて嬉しい。
企業の求人案内やパンフレットも設置されていたり、企業説明会の会場になったりもしている。

「ちょうど模擬面接のイベントやるから、受けに行く?」
ラッキーなことに、就活講座のイベントのタイミングとかぶったらしい。ぜひぜひ、と二つ返事で講座を申し込んだ。

選考1社との出会いは自己PRイベントから

模擬面接をして少し自信をつけた後、選考を受けに行った。
イベント運営会社の主催する事前セミナーで、どうやって簡潔に話すか、という練習はしたけれど、対企業の面接となるとまだ慣れない。

会社に到着したら、複数の就活生が待っていた。会釈をしながら一緒に待ち、面接会場に入っていく。

夜:就活座談会に参加する

面接が終わりほっと一息、電源を切っていたスマホをたちあげた。
集団面接は、周りの空気に押されてあまり多くを話すことができなかった。

口コミでイベント参加する

少し落ち込みながらスマホをいじると、Facebookグループの書き込みを見た友人からコメントが帰ってきていた。
「受けたよー!今日渋谷でイベントあってそっち行くから、時間あったらそっちで話そうよ」

今朝Twitterで見かけたイベントに、友人も参加するらしい。
一日通して就活をして疲れてはいたが、今日の面接の感触がいまいちだったので、イベントに参加して気持ちを挽回させることにした。

ラフなイベントで息抜きと情報交換

会場に到着すると、「こっちこっち!」友人が手を振って声をかけてきた。
私服参加とスーツ参加と半々で、気軽に参加できるイベントらしい。

お菓子とジュースという軽食が用意されて、輪になって就活生同士で自己紹介をする。キャリアカウンセラーや、企業の採用担当者が各輪に入っていった。

小一時間ほど、今の就活状況や悩みを相談しあったあと、就活イベントや各企業の説明会案内チラシをもらう。チラシの確認もほどほどに、友人と二人で連れ立って居酒屋に入った。

「実はさ、あの会社の選考3次まで進んでいて…」
「へー、まじか!」
「でも今、エージェントに紹介されてる企業もあるから」

友人は新卒学生向けのエージェントにも登録しているらしい。
1対1の面談から細かくキャリア相談に乗ってもらうことができるのは、話を聞いていて魅力に感じた。
今の就活状況に自信がなくなってきたので、まずはカウンセリングから受けに行ってみようか悩み始めた。

ナビ以外に広がる就活手段とメディアのヒント

就活生の長い一日を追ってみましたが、いかがでしょうか。
以上は、私自身の経験と、ここ2,3年自主的に動く就活生と接した情報をひとつ仮定したパターンです。
もちろんこちらにとりあげたのは現実の一端ですが、今やナビサイトを使わずとも、企業と学生が出会う手段はたくさんに広がっていること、ご理解いただけたでしょうか。

この記事をご覧になったみなさまにとって、ご存知のもの、新しく見知ったものと、様々にあるかと思います。
これからのメディアやサービス活用へのヒントがつまった、「とある就活生の一日」の詳しい解説は、次回・後編に続きます。どうぞお待ちください!

天池知子

天池知子

2011年株式会社カケハシ スカイソリューションズ入社。 就活サイト「ミートボウル」の立ち上げ運営に携わり、学生広報を担当。 2012年「就トモCafe」の社会人バリスタとしてボランティアで運営。 現在はフリーランスとしてメディア運営・ライティングに携わる。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top