採用担当の教科書

就活面接で就活生のポテンシャルを引き出すためのコツ

就活面接

就職活動が始まれば就活生は面接を何度も受けることになりますが、就活初期においては面接慣れしているわけではありません。
そのため、就活生のポテンシャルや魅力を最大限引き出し、就活生のことを理解してあげる必要があります。

今回は就活初期の面接で就活生のポテンシャルを引き出すためのコツについて考えてみましょう。

就活初期は面接慣れしていない

就活初期の時期はまだ面接を受けるのが初めて、という学生も多いはずです。
志望動機や自己アピールなども抽象的なものが多く、自己分析も進んでいない就活生がほとんどでしょう。

この時期は一回の質問でこちらが望む回答が出てくると思わずに、就活生の回答に対して詳しい質問を更に投げかけてみましょう。
より具体的な回答も聞けますし、就活生もその場で考えて答えることになるので学生の本音が聞けるはずです。
その学生の素の心がわかりやすいのも早い時期の面接の特徴ではないでしょうか。

まだ面接慣れはしていないので圧迫面接だとは思われないように、できるだけ優しく丁寧に回答について詳しく質問をしてみましょう。

志望職種が曖昧である

この時期の学生はまだ自分が本当はどういう仕事に就きたいのかが明確でない場合が多いです。
志望業界も曖昧ならば、どの職種につきたいのかも自分でよくわかっていない場合が多いです。

そんな時に「志望動機は何ですか?」と聞いてもはっきりした回答は返ってこないかもしれません。
そんな時には「この業界に興味を持ったきっかけはなんですか?」、「この仕事のどんなところに魅力を感じますか」「入社したらどんな仕事に関わってみたいですか?」といった学生が具体的に答えやすい質問を投げかけてみるようにしましょう。

学生をリラックスさせて本音を話しやすいように質問の形を変えることも学生のポテンシャルを引き出すために必要なことです。
学生にとっても非常に話しやすい面接だったと好印象をもってもらえるのではないでしょうか。

早い時期の面接で話しやすかったという印象を与えることは、内定辞退を防ぐことにも繋がるので学生の話しやすい雰囲気づくりも心がけてみましょう。

話し方でポテンシャルが予測できる

就活生の評価は就活生の話す内容がすべてでしょうか。
将来活躍できる素質を持った学生でも面接の受け始めの時期は自分の志望動機を明確に伝えるのはまだまだ難しいかもしれません。

それでも学生の立ち居振る舞いや話し方である程度学生のポテンシャルを窺い知ることはできるものではないでしょうか。
この時期は特に学生も自分の思いを話すことが上手ではないので、以下の点も観察してぜひ面接の評価の参考にしてみて下さい。

  • 面接官の目をまっすぐに見て話せているか
  • 面接官の話を聞いている時に背筋が伸びているか
  • 話し方に誠実さが感じられるか
  • マニュアル通りの中身のない回答をしていないか
  • 社会人として働きたいという明確な意志を感じられる

話す内容がすべてではないということを念頭に置いて面接の評価を行うようにしましょう。

早い時期でも学生のポテンシャルは感じられる

早い時期こそ就職に対する意識の高い学生が多く、面接でもポテンシャルの高い学生が多く混ざっているはずです。
言葉が饒舌でなく、話の内容はパーフェクトではなくとも学生の全体像を見てポテンシャルがあるかどうかを見極めるようにしましょう。

面接を受けに来る学生は時期が遅ければ遅いほど質が落ちていきます。
早い時期の良い就活生を取りこぼさないように観察眼もぜひ磨いて下さい。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top