採用担当の教科書

人事としてのスキルアップ、社会保険労務士と資格取得の流れ

社会保険労務士

採用担当者の中には、人事の仕事を兼任されている人も少なくないかもしれません。
特に中小企業の場合、人材に関することは全て一任されている、という場合も考えられますよね。

普段の業務だけでも、書類作成や手続きなど様々な知識が必要なのがこの人事のお仕事。
今回は、そんな人事としてのスキルアップにおすすめの資格の一つ、社会保険労務士資格についてご紹介します。

社会保険労務士とは?

税のエキスパートが「税理士」と言われているように、労働・社会保険に関する法律、人事/労務管理のエキスパートが「社会保険労務士」と言われています。

社会保険労務士は大きく3つの業務に分かれます。

■1号業務
労働社会保険諸法令に基づく書類の作成、提出代行
■2号業務
労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成
■3号業務
人事や労務に関するコンサルティング

このうち1号業務と2号業務は社会保険労務士にのみ許された独占業務なので、資格保有者のみが行える仕事となっています。

社会保険労務士の資格取得の流れ

資格取得には実務経験が必要

社会保険労務士資格の取得には、大きく3つのステップが必要です。

①社会保険労務士試験に合格する
②2年以上の実務経験(連合会が開催する「労働社会保険諸法令関係事務指定講習(事務指定講習)」を受講し修了することでも可能)
③全国社会保険労務士会連合会に登録

試験に合格することが資格取得と同じではないので、資格が必要な場合があればその登録期間も考慮する必要がありますね。

試験科目は労働基準法から年金関係と幅広い

社会保険労務士試験の特徴は、その範囲の広さにあるといっても過言ではありません。
1日がかりで行われる試験の出題範囲は大きく下記の8種類に分類されています。

  1. 労働基準法及び労働安全衛生法
  2. 労働者災害補償保険法
  3. 雇用保険法
  4. 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
  5. 健康保険法
  6. 厚生年金保険法
  7. 国民年金法
  8. 労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

合格までに必要とされる標準的な勉強時間は800時間以上とも言われているため、多くの時間を幅広い知識の習得に使うことになりそうです。

試験は年に1回のみ

また、この社会保険労務士試験の開催は年に1回のみ。
通常は毎年8月の下旬に行われています。
多くの受験者の方が、この1日の為にそれまでの1年間勉強を積み重ねている資格でもあります。

合格率は毎年7%前後

最近の合格率は平均で7%前後を推移しています。
あまり高くない合格率の理由は「足切り」にあります。

社会保険労務士試験は、語彙を埋める「選択式」と5択の中から正解を探す「択一式」に分かれているのですが、特に「選択式」で足切りにあう人が多いようです。

その理由は問題の少なさと言われています。
選択式は、各科目5問ずつの出題です。
幅広い範囲を勉強しても、出題されるのはたったの5問。
そのうえ、年によって変動もありますが、基本的にはどれか一つでも3点を下回ったら足切りとなっています。

問題の難易度も毎年異なるので、勉強量だけではない運のよさのようなものも必要になってくると言っている方もいるほどです。

いかがでしたでしょうか。
社会保険労務士資格を取得することで、人事としての仕事の幅も広がりをみせるかもしれませんね。

ご自身のスキルアップの一つとして、国家資格でもある社会保険労務士資格の取得を検討されてみてはいかがでしょうか。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top