採用担当の教科書

採用担当者に必要スキルは「第一印象の良さ」「対応力」「実行力」

table

2016年4月入社の新卒採用活動も終わりが見えてきた会社も多いのではないでしょうか。
倫理憲章による採用スケジュールの大幅な後ろ倒しがあった今年度は例年よりも先が見えず、苦労した会社も多かったことでしょう。

さて、今回のテーマは採用担当者に必要なスキル。
どんなスキルがあっても不足しませんが、そのなかでもこれらはあったほうがいい、採用活動を進めていく中で採用担当者に必要なスキルについてまとめてみました。

第一印象で好印象を与える

学生は初めにウェブ上で会社に関する情報を得ますが、セミナーや面接で実際の会社の採用担当者に会うとその印象で、会社の好感度もかなり変化する場合が多いです。
学生にとって採用担当者は会社のイメージそのものを表す企業の顔と言っても過言ではありません。
初対面の学生に好印象を与えられるかどうかは採用担当者のイメージにかかってくるのです。

自信が持てない場合はできるだけ学生と接する機会を増やして会話をする場面を設けたり、学生と接することに慣れておきましょう。
採用担当者一人で会社のイメージが決まるのかと思えば大げさかもしれませんが、社会人と接する機会がほとんどない学生にとってはそれだけの影響力があるのは間違いありません。

臨機応変な対応力がある

採用活動はスケジュール通りに進まないことがたくさん出てきます。
セミナーで突拍子もない質問をしてくる学生がいたり、試験や面接で前例にないような行動を取ってくる学生がいたり、接する人の人数が多いだけにいろんなことが起こります。

役員面接等で接する社内の役員への対応能力の習得もなかなか骨が折れるものです。
それでも学生や役員の手前、動揺を見せるわけには行きませんし、少なくとも印象を悪くするような行動は慎まなければなりません。

どんな時も冷静でいられること、予想外のことが起きて慌てても表情に出さずに臨機応変な対応ができる能力が採用担当者には必須です。
そういう意味ではあまり若すぎる担当者は向いていないのかもしれません。
反対に若くして採用担当者に抜擢された場合には臨機応変な対応力を意識して磨くように努めましょう。

企画・実行力がある

人事の仕事には書類のチェックや社会保険手続き、勤怠管理や給与計算など事務的な業務も多数ありますが、採用の仕事は決して事務の仕事ではありません。
年間のスケジュールを考えてそれを実行するために必要な準備を自ら進めていけなければなりませんね。

セミナーはどんな内容でやるのか、試験や面接のスケジュールはどのように進めるのか、インターンシップはやるのか、学生にどんなアピールをしていくのか、すべて企画をして行くのが採用の仕事です。
採用の仕事に就いたからには企画・運営力が必要だということを忘れないで下さい。

今後は特に毎年例年のスケジュール通りというわけにもいかなくなってくるでしょう。
決められた業務を決められた通りにこなすのではなく、自分で考えて実行する能力が必要だということを覚えておきましょう。

採用の仕事は事務職ではない

採用の仕事は人相手の仕事でもあるので事務職というよりは営業のような要素の方が強いのかもしれませんね。
採用の仕事に就いたからには臨機応変な対応能力、企画力の向上を意識して業務に取り組むようにしましょう。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top